2018年01月19日

伊賀市島ヶ原公民館で「買い物ゲーム」の出前講座

--------------------------------------------
日時:2018年1月19日(金)13:30〜15:00
場所:島ヶ原公民館
人数:12人
担当:環境学習推進員 坂崎 安田
--------------------------------------------
買い物ゲームは模擬スーパーで買い物をしてもらい、ごみを減らす買い物をしてもらいます。

IMG_4184.JPG
最初にルールの説明をして、模擬スーパーにカレーの材料を買ってきてもらいました。

あまりごみのことをあまり意識せずに買い物をすると、箱やトレーなどのごみがたくさん出てしまいました。
このことから、ごみを処理するのに、たくさんのお金や場所が必要なことをお話しました。

IMG_4187.JPG

2回目の買い物では、「エコバックを使う」「紙パックなどリサイクルできる容器のものを買う」「包装はできるだけひとつにまとめる」など様々なアイデアを出し合って買い物をして、どの班もごみや処理費を減らすことに事にみごと成功。

IMG_4192.JPG

現在は、ごみの多くは焼却処分されていますが、このままの状態が続けば焼却する際に発生する二酸化炭素が増え続けて、地球温暖化につながります。
また、このままだと、約20年後にはゴミを埋め立てる土地が無くなるといわれています。
みんなが協力し合って、ごみを減らすことは住みよい社会を作るために必要です。

買い物は、ごみを減らすチャンスです。
「ごみを買わない」という観点から見るとごみを減らせるかもしれません。

【報告:安田】
posted by 三重県環境学習情報センター at 18:15| Comment(0) | 活動報告

菰野町立鵜川原幼保園でエコソング♪

菰野町立鵜川原幼保園のみなさんと「みんなでへらそうCO2」と「おいしくのんでリサイクル!」を踊りました。
♪.:*:'゜☆.:*:'゜♪.:*:'゜☆.:*:・'゜♪.:*:・'゜☆.:*:・'゜♪.:*:・'゜
日時:2018年1月18日(木)10:30〜11:00
場所:菰野町立鵜川原幼保園
担当:環境学習推進員 坂崎 脇谷 
人数:141名
♪.:*:'゜☆.:*:'゜♪.:*:'゜☆.:*:・'゜♪.:*:・'゜☆.:*:・'゜♪.:*:・'
ダンスを踊る前に大型絵本を1冊読みました。物語を通じて、環境のためやCO2を減らすためにみんなが出来ることや、リサイクルについてのお話をしました。
リサイクルのお話の時に、ジュースや牛乳などの飲み終わった後の入れ物を、エコぞうと一緒にみんなでマークごとに分けてみました。牛乳パックはそのまま出さず、切り開いて出すことを知っている子もいましたよ。みんながきちんと分けてくれると、また新しいものに生まれ変わることができることを伝えました。

ブログ.jpg
1曲目は「みんなでへらそうCO2」です。「CO2」は、ちょっと難しい言葉だけど、歌いながら練習したので、楽しく覚えられたかな?
続いて2曲目の「おいしくのんでリサイクル!」は、みなさんが飲み終わったジュースや牛乳の入れ物をリサイクルするために、分けて出す方法を楽しいダンスと歌で覚えることができます。どちらの曲もみなさん上手に踊ってくれました。踊り終わったあとは、体がぽかぽかになりました。

お話で聞いたことや踊ったことを覚えて、おうちの人と一緒にやってくれると嬉しいです。ダンスもまたみんなで踊ってくださいね♪

【報告:脇谷】
posted by 三重県環境学習情報センター at 11:57| Comment(0) | 活動報告

2018年01月18日

1月のあそべるたいむを開催しました

毎月第2日曜日にセンターで、かんきょう工作「あそべるたいむ」を開催しています。
1月のあそべるたいむは『牛乳パックのぶんぶんゴマ』を作りました。
☆*。。。*☆*。。。*☆*。。。*☆*。。。*☆*。。。*☆*。。。*☆*。。。*☆*。。。*☆
日時:2018年1月14日(日) 13:30〜15:30
場所:三重県環境学習情報センター
人数:10人
担当:環境学習推進員 脇谷
☆*。。。*☆*。。。*☆*。。。*☆*。。。*☆*。。。*☆*。。。*☆*。。。*☆*。。。*☆
牛乳パックの底に、星や花の飾りをつけて、自分だけのオリジナルこまを作りました。
大人も子どもも上手に回せるようになると、とても嬉しそうでしたよ。
あそべるたいむ.jpg

2月のあそべるたいむは『竹の輪けん玉』です。
日時:2018年2月11日(日)13:30〜15:30
会場:三重県環境学習情報センター(四日市市桜町3684-11)
参加費:無料  先着:30人
http://eco-mie.sblo.jp/article/181947060.html
ぜひ遊びにきてください!

【報告】脇谷
posted by 三重県環境学習情報センター at 09:26| Comment(0) | 活動報告

2018年01月15日

1/15(月)三重県環境学習情報センター付近の積雪情報

1/15(月)現在のセンター付近の積雪情報です。
現在、雪はふっていません。また、道路の雪もほぼ溶けていますが、日陰部分にはうっすら雪が残っています。また、センター前ロータリーは北向きなので、雪が残っています。
図1.jpg
来館される際は、冬装備をしっかりして十分注意してお越しください。
posted by 三重県環境学習情報センター at 09:52| Comment(0) | お知らせ

2018年01月14日

平成29年度 情報誌「環境学習みえ」冬号を発行しました!!

皆さんは「SDGs」をご存知ですか。これはSustainable Development Goalsを略して「エスディージーズ」と読みます。
「SDGs」は2015年9月に国連で世界中の国々が決めた「持続可能な開発目標」です。
世界中のすべての人々が幸せに暮らすことができる社会をつくるための2015年から2030年までの15年間の目標です。
三重県環境学習情報センターでは、この目標を広く知っていただくため、平成29年度「環境学習みえ」冬号では「SDGs」を特集しました。

SDGsは、「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に掲げられた、17の目標と169のターゲットからなる、誰も置き去りにしないことを強調した、全ての国々、全ての地域、全ての人々で取り組まなければ解決できない目標です。

17.jpg


三重県環境学習情報センターは開設依頼、地球問題、地域の課題をテーマにした講座や体験学習、指導者養成、環境情報の提供など多岐にわたる事業を展開してきました。
しかし、時代や社会の変化とともに環境問題は変化し、取り組むべき課題も多様になってきています。
2030年までの目標であるSDGsの目標達成のためには、「ESD(イーエスディー):持続可能な開発のための教育」のさらなる推進が重要になります。
SDGsの目標の中で、「教育」を課題とする目標は「4 質の高い教育をみんなに」で、17の目標の中の一つとなっています。しかし、ESDはSDGsの他の16の目標達成にそれぞれ結びつくものであり、ESDの推進がSDGsのすべての目標達成を支えているともいえます。

当センターも、「環境」「教育」を切り口に、多様なセクター、分野がつながる講座や活動を展開しようと思案中です。
センターとしてできることは何なのか、センターとしてなすべきことは何なのか、皆さまと一緒に考えながらESDに取り組んでいきます。

★詳しくは誌面をご覧ください!
http://www.eco-mie.com/forum/center/paper/2017/index.html

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:++:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:
 「環境学習みえ」は三重県内の図書館やコミュニティセンターなどでご覧になれます。センターにも設置してありますので、ぜひお越しください。また、ご自宅への発送希望の方は、「情報誌発送希望」と件名に書いてメール(info@eco-mie.com)、FAX(059-329-2909)でお申し込みください。

posted by 三重県環境学習情報センター at 14:28| Comment(0) | お知らせ

1月14日三重県環境学習情報センター付近の積雪情報

おはようございます。今朝の三重県環境学習情報センター付近の積雪についてお知らせします。写真(9時頃撮影)のように積雪があります。
ブログ3.jpg  ブログ1.JPG

現在、雪は降っておりませんがセンター付近の道路にはまだ雪が残っている状態です。センターへ車でお越しの場合は冬用装備で十分ご注意くださいますようよろしくお願いいたします。

ブログ2.jpg
センター付近の道路。
posted by 三重県環境学習情報センター at 09:35| Comment(0) | お知らせ

2018年01月12日

三重県立四日市農芸高等学校に紙すき体験の出前講座にいってきました!

・.。*゚+.・.。*゚+.・.。*゚+.・.。*゚+.・.。*゚+.・.。*゚+.・.。*゚+.・.。*゚+.・.。*゚+.
日時:2018年1月11日(木)13:00〜14:30
場所:三重県立四日市農芸高等学校・販売情報コース3年
人数:31人
担当:環境学習推進員 坂崎 安田 後藤
・.。*゚+.・.。*゚+.・.。*゚+.・.。*゚+.・.。*゚+.・.。*゚+.・.。*゚+.・.。*゚+.・.。*゚+.
「紙のリサイクル」について、お話をした後は、実際に「はがきづくり」を通して紙のリサイクルを体験してもらいました。
P1112042.JPG P1112048.JPG P1112083.JPG P1112085.JPG P1112072.JPG P1112075.JPG P1112093.JPG

 水の中に細かくちぎった紙パックを入れミキサーにかけて、ドロドロのパルプをつくります。このときに一緒に色紙を入れると、きれいな色のハガキになります。木枠ですき、好きな飾りつけをしてオリジナルのはがきを完成させました。
P1112110.JPG

資源を有効活用するためにはゴミをきちんと分別することと、リサイクルして作られた商品を使うことが大切です。これからも積極的にリサイクル製品を選んで利用してくださいね。

【おまけのはなし】
IMG_1392.JPG
販売情報コースのみなさんが考案した「マコモダケ」を使ったレトルトカレーをお土産にいただきました。
第6弾だそうです。とっても美味しかったですよ☆


【報告:坂崎】
posted by 三重県環境学習情報センター at 13:35| Comment(0) | 活動報告

東員町立稲部幼稚園・いなべ保育園にエコソングの出前講座にいってきました!

東員町立稲部幼稚園・いなべ保育園のみなさんと「みんなでへらそうCO2」と「おいしくのんでリサイクル!」を踊りました。
♪.:*:'゜☆.:*:'゜♪.:*:'゜☆.:*:・'゜♪.:*:・'゜☆.:*:・'゜♪.:*:・'゜
日時:2018年1月12日(木)10:00〜10:45
場所:東員町立稲部幼稚園・いなべ保育園
担当:環境学習推進員 脇谷 坂崎 
人数:91名
♪.:*:'゜☆.:*:'゜♪.:*:'゜☆.:*:・'゜♪.:*:・'゜☆.:*:・'゜♪.:*:・'

IMG_0018.JPG

ダンスを踊る前に大型絵本を1冊読んだ後は、環境のためやCO2を減らすために自分が出来ることや、リサイクルについてのお話を聞いてもらいました。

ジュースや牛乳などの飲み終わった後の入れ物を、エコぞうと一緒にみんなでマークの付いたゴミ箱に分けてみました。牛乳パックはそのまま出さず、切り開いて出すことを知っている子もいましたよ。みなさんがきちんと分けてくれると、また新しいものに生まれ変わることができることを伝えました。

1曲目は「みんなでへらそうCO2」です。「CO2」は、ちょっと難しい言葉だけど、歌いながら練習したので、楽しく覚えられたかな?
続いて2曲目の「おいしくのんでリサイクル!」は、ジュースや牛乳の入れ物をリサイクルするために、分けて出す方法を楽しいダンスと歌で覚えることができます。どちらの曲も上手に踊ってくれました。踊り終わったあとは、体がぽかぽかになりました。
お話で聞いたことや踊ったことを覚えて、おうちの人と一緒にやってくれると嬉しいです。ダンスもまたみなさんで踊ってくださいね♪

【報告:坂崎】
posted by 三重県環境学習情報センター at 13:09| Comment(0) | 活動報告

2018年01月09日

三重県総合博物館MieMuにてポスターコンクール入賞作品を展示中♪

三重県総合博物館MieMuにて「平成29年度 三重県地球温暖化防止啓発ポスターコンクール」入賞作品16点を展示中です!
このコンクールは、身近な視点から地球温暖化防止に向けてメッセージを発信し、より多くの方に関心を高めてもらうことを目的に、小・中学生のみなさんを対象に実施しました。県内からは小学校・中学校あわせて7校、1,806人から応募があり、展示では、その中から選ばれた入賞作品16点を展示しています。みなさんの力作をぜひ、ご覧ください♪
 gazou.jpg

<展示期間>2018年1月21日(日)まで
 ※12/25、1/9、1/15、年末年始(12/29〜1/3)は休館
<場所>三重県総合博物館MieMu 3階 レファレンスカウンター前
<入館料>展示場所は無料

★入賞作品一覧はこちら!
http://eco-mie.sblo.jp/article/181480855.html

★展示は県内4か所で行います。詳細はブログで!
http://eco-mie.sblo.jp/article/181915870.html
posted by 三重県環境学習情報センター at 14:07| Comment(0) | お知らせ

2018年01月08日

昨年度「環境学習リーダー養成講座」を受講した方に感想をお聞きしました♪

fasiri1.JPG 昨年の講座の様子

環境問題は人間社会の多様な問題とつながっており、その解決には、人権、ジェンダー、国際協力、市民参加などを総合的に考え、行動することが必要です。

そこで当センターでは、ESD(Education for Sustainable Development 持続可能な開発のための教育)を学ぶ講座(全5回)を開催します。

場所:サン・ワーク津 研修室(津市島崎町143−6)

ESD入門<持続可能な社会をめざして>★先着募集中
平成30年1月13日(土)10:00〜16:00

ESDアクティビティ体験コース>★先着募集中
平成30年1月27日(土)10:00〜16:00

ESDファシリテーター養成コース【3日間】
平成30年2月17日(土)、3月3日(土)、3月17日(土)10:00〜16:00


講座について、詳しくは下記リンク先を参照してください
http://www.eco-mie.com/kouza/29/kankyo_leader29/index.html


今回講座の開催に当たって、昨年受講された こころとすまいのお片付けコーチ 福島 典子さんに感想を伺いました。


2_1.jpg福島典子さん
福島典子さん公式HP http://noriko-web.com/


【センター】
・昨年度、環境学習リーダー養成講座「ESD入門」、「ESDアクティビティ体験コース」、「ESDファシリテーター養成コース」を受講しようとしたきっかけを教えてください。

【福島さん】
私は個人事業主で「片付け指南」を生業にしています。
「暮らしの中から環境課題を考える」は、私の事業テーマのひとつで、個人も事業者も環境課題を無視しては生き残れない時代。

環境学習は、私にとって貴重なインプットになっています。
ESDシリーズの中の「ファシリテーター」という一語に惹かれ、受講しました。

実は、自身が初めてファシリテーションという手法や考え方を知ったのは5年ほど前。

「場を促進する手法」や「会議テーブルの下に隠れていることの方が実は重要」など、ビジネスシーンで活用できるファシリテーションの有効性を学んだことがありました。

そんな、ファシリテーションの持つ魅力を知っていたので、「環境学習」という以前学んだ状況と違ったシーンでこの講座タイトルを見つけたときは驚きました。

ワークショップ形式の講座は、新たな発見が多く、終了後の満足度も高いものでした。

また、ファシリテーションの技術(手法や考え方)を体験しながら学べるのはすごいことだと思います。

そして、座学形式の講座にはない「講師以外の他者からも学ぶ」ことには想像以上に魅了されました。

これからの世の中、人間同士のつながりを促進するファシリテーションは、企業のミーティングや会議の進行はもちろん、ワークショップや茶話会など様々な場面に応用でき、グループの人間力を引き出す大きな可能性があると感じています。


【センター】
・講座に参加したご感想および現在どのように活かされているかについて教えてください。

【福島さん】
私は自身でも講座を行いますので、その組み立て方に活用しています。
シリーズ全てを受講することで、各回のファシリテーターに特徴があり、それぞれの個性や魅力、ワークショップの様々な手法に触れることができました。

全5回参加は、正直ハードルが高いと感じましたが、体系的に整理された過不足のない理想的な学びになりました。

ワークショップで気づいたことは自分サイズに応用が効きます。

ですから、講座の中で発見したことを工夫して自分流にアレンジする方が多いように思います。

相手が自分で考え行動できるように仕向け、自己解決の幅を拡げるサポートが、指南業の本分だと考えています。

まさに「促進する」がキーワード。

ファシリテーションを学んだことで、あらためて自分自身の襟を正すことにもなりました。

私たち個人の活動は、とても小さいものですが、その小さな流れが少しずつ大きくなり、劣勢だったオセロの角をおさえたとき、その流れは一気に進むのだと思っています。

このような優良な講座を皆さんが活用して、環境問題をはじめ、さまざまな社会の課題に取り組む人が増えるといいなと思います。

------------------------------
このように福島さんは、ご自身のお仕事にファシリテーションを有効活用されていました。

仕事ではなくても、当講座は、「ESDって何?」「興味がある」「何か始めたい」という方々にも受講していただきたい講座です。

参加を通して、今までとは違った新たな気づきがあると思います。

この機会にぜひご参加ください。

fasiri2.JPG fasiri3.JPG 
posted by 三重県環境学習情報センター at 16:37| Comment(0) | お知らせ