2017年04月03日

春が来た

 四日市市は1月に大雪が降り、3月になってもやや気温が低いような気がしていました。そのためか、春の花の咲くのがちょっと遅いようです。
 昨日4月2日は暖かかったので、センター駐車場の桜の様子を見に行くと、蕾がかなり膨らんでいる木を1本見つけました。その木の根元ではニホントカゲが顔を出していました。やっと春が来たという感じです。
   sakura tubomi7427.JPG  tokage7428.JPG
   4月2日 膨らんだサクラの蕾        ニホントカゲ

 近くではヤナギの仲間が若葉と花を出して黄緑色になっていました。
   yanagi7433.JPG

 4月3日、昨日のサクラの蕾の様子を見に行くと、咲いていました。
   sakura7440.JPG

 しばらく歩いたところでは、クロモジ、ミツバアケビも花を咲かせています。
   kuromoji7443.JPG  mituba7450.JPG
        クロモジ               ミツバアケビ
                     (ブドウの房のようなのが雄花、赤紫のが雌花)

 イロハカエデかな? 柔らかな赤っぽい新葉です。
   iroha7446.JPG
 スギは、雄花の花粉の季節が終わり、雌花がだんだんわかるようになって、木によってはもう実が膨らんできているものもありました。
   sugi mebana7456.JPG  sugi7460.JPG
         スギの雌花        スギの実が膨らんできました

 近くの四日市スポーツランドや四日市市ふれあい牧場に来られたら、環境学習情報センターにもお立ち寄りください。
 4月9日(日)の「あそべるたいむ」では、「どんぐりゴマ」を作って遊びます。13時30分から15時30分の間に、ぜひお越しください。

 【報告:木村】
posted by 三重県環境学習情報センター at 14:27| Comment(0) | 日記