2018年04月24日

四日市市立西笹川中学校1年生の皆さんが来館しました

日時:2018年4月24日(火) 9:00〜12:00
場所:三重県環境学習センター研修室及び実習室
人数:生徒63人 先生7人 計70人
担当:木村、脇谷、坂崎、伊藤

 四日市市立西笹川中学校1年生の皆さんが自然教室の一環として来館し、「水質チェック」と「買い物ゲーム」の実習を行いました。
 まず、「水質チェック」では、*洗剤で食器を洗った水 *石鹸で手を洗った水、米のとぎ汁などの生活で使った水と、*川や池の水 *雨水 *プールの水などの自然の水とのCODの数値を測定し比べてみました。その結果、自然の水より生活で使った水の方が数値が高く汚れていることがわかり、その汚れの原因が洗剤・石けん・シャンプー・米のとぎ汁の栄養分であることを理解しました。
 この結果を受けて、川や海を汚さないために私たちができることを考えて発表しました。*洗剤・シャンプーを使い過ぎない *米のとぎ汁は植物にあげる *油などはふき取ってから洗う などの意見が出されました。
IMG_4779.JPG IMG_4795.JPG

 次に「買い物ゲーム」を行いました。初めは、*タイムサービスで安い *おいしそう などの視点で品物を買っていましたが、ごみを減らすことやごみの処理費を少なくすることをねらいに2回目の買い物を行いました。その結果、どのグループも半分ほどごみの数を減らすことができました。どんな工夫をしたかの問いに、*マイバックをもっていく *パックからばら売りを買う *紙パックは処理費が安い などの意見が出されました。実際の買い物でも、ごみのことを考えて買ってほしいですね。

IMG_4773.JPG IMG_4786.JPG

【報告:伊藤】
 
posted by 三重県環境学習情報センター at 15:20| Comment(0) | 活動報告