2019年08月07日

県立盲学校の自然観察

 三重県立盲学校の中学2年生と3年生が三重県環境学習情報センターを訪れ、いろいろな感覚を使って自然観察を行いました。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
      いろいろな感覚で自然観察
  【日時】2019年7月17日(水)14:00〜15:30
  【場所】三重県環境学習情報センター
  【人数】中学2年生1人、中学3年生1人、先生4人
  【担当】環境学習推進員 木村
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 三重県環境学習情報センターの付近ではニイニイゼミが元気よく鳴いているので、最初に耳を澄ませて、周囲の音を聴いてみました。
 次に、クスノキとサクラの幹や葉に触って、どんな感じか言葉で表現しました。また、葉っぱのにおいもかいでみました。
   IMG_8327 - クスノキ1.JPG   IMG_8329 - クスノキ2.JPG
            クスノキの幹や葉に触ってみました

 ほかにも、ヒラドツツジやケヤキなどの葉に触ってみて違いを確認したり、アリの蟻酸(ぎさん)のにおいやヘクソカズラの葉のにおいもかいでみました。
   IMG_8330 - ヒラドツツジ.JPG   IMG_8337 - 香り.JPG

 植物や昆虫などの生き物は多様であることが、音や手触り、においなどから伝わったでしょうか。

【報告】 木村

posted by 三重県環境学習情報センター at 00:00| Comment(0) | 活動報告