2019年11月20日

鈴鹿市立庄野小学校4年生のみなさんが来館しました。

鈴鹿市立庄野小学校4年生のみなさんが来館し、水質チェックと環境クイズを行いました。
****************************
日時:2019年11月19日(火) 13:30〜15:15
場所:三重県環境学習情報センター
人数:42人
担当:環境学習推進員 木村、脇谷、大山、太田
****************************
みなさんが調べたい水が、きれいなのか汚れているのか、汚れているとしたらどれくらい汚れているのかCOD(化学的酸素要求量)パックテストを使って測定しました。

測定の結果、池や川の水などの自然系の水より、米のとぎ汁や食器洗いに使った水など生活で使った水の方が、汚れているということがわかりました。
ブログ1.jpg 
そこで、生活排水をなるべく汚さずに流す方法を班で話し合ってもらいました。「洗剤を使いすぎない」「お皿を汚さないように、残さず食べる」など発表してくれました。


環境クイズは「伊勢湾への忘れもの」の映像を観てから、班のみんなで協力して展示ホールに隠されている環境クイズの答えを探してもらいました。全部見つかったかな。
 ブログ3.jpg  ブログ2.jpg 

「水質チェック」と「環境クイズ」で学んだことを普段の生活で生かしてもらえると嬉しいです。

【報告:脇谷、太田】
posted by 三重県環境学習情報センター at 11:45| Comment(0) | 活動報告

1/19 「気候危機×SDGs 異常気象時代に生きる」講座開催のお知らせ

環境学習指導者養成スキルアップ講座
「気候危機×SDGs 異常気象時代に生きる」講座を開催します。

■■□―――――――――――――――――――□■■
【日時】2020年1月19日(日) 13:30〜16:00
【会場】みえ市民活動ボランティアセンター(津市羽所町700番地 アスト津3F)
【講師】立花 義裕 氏(三重大学生物資源学部教授)
【ゲスト】石榑 亜紀子 氏(走る気象予報士)
【募集】15歳以上 先着50人 ※定員になり次第締め切ります。
【主催】三重県環境学習情報センター
【共催】みえNPOネットワークセンター
■■□―――――――――――――――――――□■■

気候の変動と私たちの暮らしは密接に関係しています。
なぜなら、私たちの暮らしは、風土や気象や自然環境によってつくられているからです。
日々感じている異常気象、気候変動が深刻な問題となっている今、私たちは、暮らしやその基盤である社会をどのように変容しなければいけないのでしょうか。気候や環境の変化についてどう適応しなければいけないのでしょうか。
専門家を交えて、みなさんと語りあいます。

T3=1.jpg
《講師》立花義裕氏(三重大学生物資源学科教授)

aj5pqxFxwzAz3Z_GyV74ndt607g9RnrZ_BSD8CKla0zvga_7tquO8eSGA0pJujuIcAs9yGq0TFwwqtYjyAkj.jpg
《ゲスト》石榑亜紀子氏(走る気象予報士)



気候変動 講座案内.pdf

申込書 → 気候危機×SDGs 申込書(word).docx
posted by 三重県環境学習情報センター at 09:27| Comment(0) | 活動報告