2020年08月22日

独り自然観察 「ハチ2種」

 暑い日が続いています。花が少ないせいか、暑さのせいか、昆虫が少ないように思います。
それでも、注意して観ていくと何かはいるものですね。センターの近くでちょっと細身のハチを見つけました。
 葉っぱに止まったままで、動きません。写真をとって、少し葉を持ち上げてみたら、足を動かしました。生きてはいるようです。

   DSCN2700 -ムモンホソアシナガ横.JPG   DSCN2706 ムモンホソアシナガ背中.JPG
        ムモンホソアシナガバチです。

 その付近を飛び回っている別のハチもいました。ミカドトックリバチでしょうか。もしかすると、ムモントックリバチかもしれませんが。

   DSCN2712ミカドトックリバチでは(縮小).JPG
    ミカドトックリバチでしょうか

 ミカドトックリバチもムモントックリバチも泥で巣を作ります。巣の中には卵と、卵から孵化した幼虫のためのエサ(ガの幼虫)が入っているそうです。

【木村】

posted by 三重県環境学習情報センター at 18:29| Comment(0) | 活動報告