2021年02月05日

マンサクの花、ハンノキの雄花など

 2月の初めに菰野町の三重県民の森に行くと、もうマンサクの花が咲きだしていました。マンサクは3月頃に花が咲きますが、最近冬が暖かいせいか、去年も2月に咲いていました。
 ※写真をクリックすると大きくなります。

   DSCN6479 - マンサク 縮.JPG

 ハンノキの雄花も冬の内から咲きます。里山の田んぼの縁やため池の付近などで観ることができます。

   DSCN6510 - ハンノキ 縮.JPG
  垂れ下がって咲くハンノキの雄花  
 (津市リサイクルセンター 自然観察の森の池の縁で)

 津市リサイクルセンターの自然観察の森では、メジロがアカメガシワの種を食べていました。また、池の縁の草地には、カシラダカの群れもいました。草の種を探しているのでしょう。

 DSCN6486 - メジロ2羽 縮.JPG    DSCN6494 - カシラダカ 縮.JPG
アカメガシワの種を食べるメジロ   カシラダカ 警戒して草地から木の枝に

【木村】

posted by 三重県環境学習情報センター at 14:03| Comment(0) | 日記