2015年01月31日

おたま日記

≪ 1月28日 晴、風があり陽向でも肌寒い ≫
 雨が降るほど暖かくても、やっぱり冬は寒いです。
 お昼休みにセンターの西側に広がる空き地の小さな池を見に行くと、何かぶわぶわ〜としたものが水の中にあります。顔を近付けてよく観ると、なんとカエルの卵でした。
 DSCN0161.JPG  DSCN0167.JPG
 この時期に産卵するカエルには、
1 ) 平地で見られるニホンアカガエルと
2 ) 山地の方が好きなヤマアカガエル
とがいますが、丘陵地にあるこのセンター周辺の分布はどうなっているのでしょうか。卵を見ただけではどちらのものか、私には区別がつきません。
 また、産卵が終わったカエルは “ 春眠 ” をするらしいのですが、じゃあ冬眠は? こんなに寒いのに動けるの? など、次々に疑問が浮かんできます。
 何はともあれ、たった数mmの黒い粒々がオタマジャクシになるのかと思うと楽しみです。これからしばらくは、この小さな池の観察を続けようと思います。

【 報告 : 山田 】
posted by 三重県環境学習情報センター at 10:00| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。