2016年02月04日

今月の企画展示・2月は「なたね通信」です!

「なたね通信」は四日市公害の歴史を語り継ぐ活動をしている団体です。四日市公害や環境問題について語り部や冊子、SNSなどでの情報発信を行っています。また、きれいになった四日市の自然を伝える講座などの活動も行っています。
  図1.png   図2.png

今回の展示では、センター周辺の自然や、主に四日市市などで見られる生きものを動画とパネルで紹介していただきました。
  図3.png   図5.png
動画では、冬に三重県北部で見られるカモなどの渡り鳥や、伊勢湾で捕れる魚、里山で見られるカエルや昆虫などの生きものを見ることが出来ます。生きもののようすをじっくり観察してみてください。身近なところにいる多様な生きもののことを知っていただければと思います。

≪講座のおしらせ≫
工場地帯の自然に触れよう「室内でバードウォッチング」
図6.png四日市コンビナート周辺でみられる野鳥について映像を交えながら解説します。是非、ご参加下さい♪
日時:2月27日(土)13:30〜15:30
場所:四日市公害と環境未来館
お申込:要申込
申込先:四日市公害と環境未来館まで

主なプログラム(講座の内容について)
・映像を使った野鳥の紹介(なたね通信撮影、オリジナル映像)
 鈴鹿川の河口や三滝川、海蔵川周辺の野鳥も紹介します
・見分け方、観察場所の解説
・オリジナル野鳥缶バッジ作り
 ※1名につき、1個缶バッジ作りが体験できます

◆詳細・チラシ、お申込はこちら
http://ameblo.jp/yokkaichinatane/entry-12122294620.html

◆なたね通信ホームページ
http://ameblo.jp/yokkaichinatane/

posted by 三重県環境学習情報センター at 16:12| Comment(0) | 活動報告
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。