2016年02月16日

四日市市立三重平中学校で「地球温暖化と省エネ」の出前講座を行いました

日時:2016年2月16日(火) 13:30〜14:15
場所:四日市市立三重平中学校視聴覚室
人数:生徒96人、先生4人 計100人
担当:環境学習推進員 伊藤

 四日市市立三重平中学校3年生対象に、「地球温暖化と省エネルギー」の出前講座を行いました。最初に、地球温暖化問題について、今、世界にどんな現象が起きているか?*海面上昇により沈んでいく島があること、*伝染病の増加 *絶滅していく動植物があること *異常気象 などを資料をもとに紹介しました。
 次に、地球温暖化の原因が温室効果ガス(二酸化炭素)が原因であり、その削減に向けて、各国が取り組んでいることや問題点などを説明しました。
 最後に、二酸化炭素を減らすために、私たちのできることを問いかけました。再生可能エネルギー開発の必要性を話したあと、身近にできる省エネなどを考えてもらいました。
 地球温暖化の問題は、私たちは、「被害者」でもあり、「加害者」でもあること、一人ひとりがその気にならないと解決しないことなど、難しい課題がありますが、自分にやれることを一つでも実行するしか温暖化は防げません。「1人の10より、100人の1」みんなで取り組めば大きな力になることを、理解してもらったように思います。
IMG_4741.JPG IMG_4742.JPG

【記録:伊藤】


posted by 三重県環境学習情報センター at 17:06| Comment(0) | 活動報告
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。