2016年04月09日

何してたの? ビロードツリアブさん

 先日、お昼休みに外を歩いていたら、見慣れないアブみたいなのを発見しました。針のような長い口をしていて、土の壁みたいなところを探索するかのように、何度も場所を変えて止まります。写真を撮って調べてみたら、どうも「ビロードツリアブ」のようです。

    DSCN0246 - syuku.JPG

 土の中に巣を作るヒメハナバチの仲間の幼虫やサナギに、ビロードツリアブの幼虫は寄生するのだそうです。
 だから、ヒメハナバチ類の巣を探すために、土の壁のところにいたのでしょうか。それとも、単なる日向ぼっこだったのでしょうか。

【木村】

posted by 三重県環境学習情報センター at 10:37| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。