2016年06月08日

鈴鹿市立若松小学校4年生のみなさんに買い物ゲームの出前講座を行いました。

海風が心地よい場所にある鈴鹿市立若松小学校4年生のみなさんが、模擬スーパーで買い物をしながらゴミ問題を考える「買い物ゲーム」を体験しました。
〜〜〜〜★★〜〜〜〜☆☆〜〜〜〜★★〜〜〜〜☆☆〜〜〜〜★★〜〜〜〜☆☆
日時:2016年6月7日(火) 8:40〜12:20
場所:鈴鹿市立若松小学校
人数:78人
担当:環境学習推進員 脇谷、加城
〜〜〜〜★★〜〜〜〜☆☆〜〜〜〜★★〜〜〜〜☆☆〜〜〜〜★★〜〜〜〜☆☆
「買い物ゲーム」のルール説明をした後は、模擬スーパーでカレーの材料を買ってきてもらいました。 黄色いカゴを班ごとにもって楽しくお買い物!
001-1.jpg 004-1.jpg 008-1.jpg
さて、お買い物が終わって調べてみると、「ゴミ」まで買ってきてしまったことに気づいてもらいました。ゴミを処理するためにはお金がかかります。どんなところに、どんな風にお金がかかってくるのかお話した後、自分たちが買ってきた品物にどのくらいゴミ処理費がかかるのかを計算シートを使って計算してもらいました。このままゴミが増え続けるとどうなるかを学んでもらい、二回目のお買い物がスタートです。
今度は買い物の前にアイデア実行リストを作って、ゴミについて考えながらのお買い物です。
024-1.jpg 009-1.jpg040-1.jpg

2回目の買い物では「エコバックを使う」「一つの袋にまとめて入れる」など色々なアイデアを実行してくれて、すべての班がゴミの数、ゴミ処理費用を減らすことに成功しました。自分たちへ拍手です!3回目の買い物は本物のスーパーで今日のことをいかした買い物をしてくださいね。

【報告:加城】
posted by 三重県環境学習情報センター at 14:56| Comment(0) | 活動報告
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。