2017年02月17日

「みえ星空環境案内人養成講座」第3講義『光害を知ろう』を開催しました!

この講座は、『星と人と環境の懸け橋になろう』をキャッチフレーズに、星や空の環境について知り、伝えていく方を養成する講座です。
その中で、第3講座の「光害(ひかりがい)を知ろう」は、三重県独自の科目です。
光害(ひかりがい)は、必要以上の屋外照明やネオンなどの光による障害のことです。
光害とは?どんな影響があるのか、など光害に関する知識を学びました。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
日時:2017年2月12日(日)15:30〜17:30
場所:三重県環境学習情報センター
参加人数:47人
担当:環境学習推進員 大橋、坂崎
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
光害によって、星が見にくくなるだけでなく、照らされていないところが見にくくなる、無駄な電気の消費、睡眠障害、植物の発達障害、孵化したウミガメが海に戻れないなど様々な問題が起きています。
光害を減らす、防ぐために個人でできることとして、いらない電気は消す、夜はカーテンを閉めるなどがあります。ぜひ、できることから、始めて続けてほしいと思います。

【報告:大橋】
posted by 三重県環境学習情報センター at 10:36| Comment(0) | 活動報告
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。