2017年03月28日

「みえ星空環境案内人養成講座」第5講義『望遠鏡のしくみ』を開催しました!

この講座は、『星と人と環境の懸け橋になろう』をキャッチフレーズに、星や空の環境について知り、伝えていく方を養成する講座です。
全9科目の受講やレポート、実技の合格を通して「星空案内人(星のソムリエ) (R)」「みえ星空環境案内人」の取得をすることができます。
第5講義「望遠鏡のしくみ」では、天体望遠鏡や双眼鏡などの光学機器販売店テレスコープセンター アイベルの松本さんを講師に迎え、天体望遠鏡の原理と構造を学びます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
日時:2017年2月26日(日)13:00〜15:00
場所:すわ公園交流館(四日市市)
講師:松本敏也 氏(テレスコープセンター アイベル 店長)
参加人数:42人
担当:環境学習推進員 大橋
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
  5.JPG
望遠鏡の歴史、望遠鏡の種類や能力、倍率計算、使用する際に必要な知識などを、実際に望遠鏡を使いながらお話いただきました。

【報告:大橋】
posted by 三重県環境学習情報センター at 17:31| Comment(0) | 活動報告
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。