2017年07月30日

「鈴鹿イオンチアーズクラブ」のみなさんが貝がらフォトフレーム作りをしました

日時:2017年7月29日(日) 14:15〜15:30
場所:鈴鹿市伝統産業会館
人数:31名
担当:環境学習推進員 坂崎

IMG_0568.JPG
工作に使う貝がらは、主に三重県の海岸で拾ってきたものを使用しますが、その前に鼓ヶ浦の海岸に探検に行きました。
大きさも形も様々で、きれいな貝がらやおもしろい形のものもあり、みなさん興味津津ですが、海岸に落ちているのは貝がらだけではありません。たくさんのごみも落ちていて様々な問題が起こっています。
海岸におちているごみは、その場で捨てられたものもあれば、ビニールやペットボトルなど私たちの生活の中からでたものが、海まで流れ着いたものもあります。私たちが住んでいる三重県の海岸で起こっている漂着物やごみの問題について、みなさんに、おはなしをしました。

IMG_0570.JPG IMG_0573.JPG

いよいよ、貝がら工作の時間です。好きな貝がらを選んで、グルーガンでつけていきます。貝がらをいきものに見立てたり、貝の配置にこだわったりで、素敵な作品ができあがりました!

【報告:坂崎】
posted by 三重県環境学習情報センター at 17:15| Comment(0) | 活動報告
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。