2017年12月03日

「エコぞうウォーク〜周辺の自然を探検しよう〜」B冬の野鳥の観察を開催♪

「エコぞうウォーク〜周辺の自然を探検しよう〜」は、センター周辺の散策を通して季節ごとに変わる自然環境や生きものに親しむ、どなたでも参加できる講座です。
第1回は、5月に初夏の自然と春に飛来するトンボの観察、第2回は、秋に飛来する赤トンボ中心に観察、第3回の今回は、野鳥を中心に観察しました。
+------------------------------------------------+
日時:2017年12月3日(日)9:30〜11:30
場所:三重県環境学習情報センターのその周辺
講師:NPO法人 ちょっと自然のメンバー
参加者:10人
担当:環境学習推進員 大橋
+------------------------------------------------+
今日は朝から快晴で、気温も高く、観察日和となりました。
はじめに、センター周辺で見られる野鳥についてお話を聞いたあと、今回は、野鳥の鳴き声をたよりに、聞こえる場所へ移動しながら観察をしました。
声が聞こえても野鳥の動きが早く、なかなか双眼鏡で見ることは難しかったですが、ヤマガラ、コゲラ、シジュウカラ、ヒヨドリ、メジロなどの鳴き声を聞いたり、観察したりすることが出来ました。また、道中には、ナンキンハゼ、クサギ、ウメモドキなどの実がたくさんなっており、野鳥と実の関係の話もしました。
 IMG_3768.JPG  IMG_3775.JPG ツグミを近くで見れました
今回、鳴き声を聞いたり、観察できた野鳥は12種類ですが、朝の早い時間にはもっとたくさん見られるそうです。また、近くの菰野調整池では、水鳥がたくさん飛来しているそうです。
ぜひ、センターに遊びに来た際は、野鳥の観察もしてみてくださいねぴかぴか(新しい)

【報告:大橋】
posted by 三重県環境学習情報センター at 18:42| Comment(0) | 活動報告
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。