2017年12月20日

鈴鹿市立若松小学校で「買い物ゲーム」を出前講座

----------------------------------------------------------------------------------------
日時:2017年12月19日(火)08:40〜12:20
場所:鈴鹿市立若松小学校
人数:6年生62人
担当:環境学習推進員 脇谷、安田
----------------------------------------------------------------------------------------
模擬スーパーで買い物をしてもらい、ごみを減らす買い物をしてもらいました。

IMG_4025.JPG

最初にルールの説明をして、模擬スーパーにカレーの材料を買ってきてもらいました。

IMG_4028.JPG

多くの班では、箱やトレーなどのごみがたくさん出てしまいました。

このことから、ごみを処理するのに、たくさんのお金や場所が必要なことをお話しました。

2回目の買い物では、「エコバックを使う」「紙パックなどリサイクルできる容器のものを買う」「包装はできるだけひとつにまとめる」など様々なアイデアを出し合って買い物をして、どの班もごみや処理費を減らすことに事にみごと成功しました。

IMG_4033.JPG

子ども達には、できるだけエコバックを使うことの大切さや、トレイなどのごみを一緒に買わないことを覚えてもらったと思います。


現在は、ごみの多くは焼却処分されていますが、このままの状態が続けば焼却する際に発生する二酸化炭素が増え続けて、地球温暖化につながります。

また、このままだと約20年後には、現在の埋め立て処分場はごみでいっぱいになるといわれています。

みんなが協力し合って、ごみを減らすことは住みよい社会を作るために必要です。

買い物は、ごみを減らすチャンスです。

「ごみを買わない」という観点から見ると簡単にごみを減らせますよ。

【報告:安田】
posted by 三重県環境学習情報センター at 09:25| Comment(0) | 活動報告
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。