2018年02月27日

四日市市川島地区市民センターで「ふろしき活用講座」を行いました。

ふろしき、実は、2月23日が「ふろしきの日」です!
この記念日は、ふろしきを広くPRするため、平成12年に日本風呂敷連合会によって制定されました。
なんで2月23日なの?というと、つ(2)、つ(2)、み(3)のゴロ合わせとのことです。
*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:
日時:2018年2月23日(金)10:00〜11:30
場所:四日市市川島地区市民センター
人数:15人
担当:環境学習推進員 脇谷 安田
*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:
そんなふろしき記念日に「川島地区社会福祉協議会」のみなさんとふろしき活用講座を行いました。

IMG_1685.JPG

最初に、三重県ごみの現状やその問題についてクイズをしながらお話を進めていきました。お話の最後にごみを出さない方法として、3Rを紹介しました。身近なことから続けていただければと思います。

IMG_1688.JPG IMG_1687.JPG

実習では、お使い包み、スイカ包み、かんたんバッグなど、生活の中で使える結び方を行いました。結んだだけでできるリュックサックは、両手が自由に使え物をたくさん入れられるので「災害時にも役に立つ」ととても好評でした。

ふろしきの使い方に難しい決まりはないので、使いやすいようにアレンジして普段の生活に取り入れてくださいね。

【報告:脇谷】
posted by 三重県環境学習情報センター at 10:07| Comment(0) | 活動報告
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。