2018年03月20日

「みえ星空環境案内人養成講座」3日目を開催しました☆

この講座は、『星と人と環境の懸け橋になろう』をキャッチフレーズに、星や空の環境について知り、伝えていく方を養成する講座です。
最終日の3日目は、実技「プラネタリウムを使ってみよう」、実技「星座を見つけて見よう」、実技「星空案内の実際」と鈴鹿峠自然の家「童夢」の見学を行いました。
また、今回は、3日目終了までに、必要なレポートや出席数などをクリアした方の認定式も行いました。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
日時:2018年3月17日(土)
場所:鈴鹿馬子唄会館および鈴鹿峠自然の家「童夢」
◇10:00〜12:00「プラネタリウムを使ってみよう」
 参加人数:21人
◇13:00〜15:00「星座を見つけて見よう」
 参加人数:26人
◇16:00〜18:30「星空案内の実際」
 参加人数:29人
◇19:00〜 鈴鹿峠自然の家「童夢」見学
 参加人数:23人
担当:環境学習推進員 大橋
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
第7科目「プラネタリウムを使ってみよう」は、ピンホール式の移動式プラネタリウムの中で実際に星空案内をするための実技を行います。
第8科目の「星座を見つけて見よう」では、肉眼で星座を観察するための技法を学びます。
第9科目の「星空案内の実際」は、グループで実際の観望会を想定したプログラム作りと発表を行いました。
  DSC_0042.JPG
これで全9科目すべてが終了し、今年度は18人の方が「準星空案内人」と、17人が三重県独自資格「みえ星空環境案内人」に認定されました。この資格認定は、ゴールではなく、星空案内人のスタートラインに立ったことを証明するものです。
ぜひ、今後も活動を続けて、たくさんの方と星の世界を楽しんでいただきたいと思います。
  DSC_0043.JPG 星座の中で一番明るいおおいぬ座のシリウス
認定式後、鈴鹿峠自然の家「童夢」にある400mmのカセグレン式の反射式望遠鏡の見学をしました。当日は数か月ぶりの快晴で、小さな星までとてもきれいに見ることができました☆

【報告:大橋】
posted by 三重県環境学習情報センター at 11:45| Comment(0) | 活動報告
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。