2018年06月09日

桑名市立大成小学校で買い物ゲームを行いました

桑名市立大成小学校4年生のみなさんに模擬スーパーマーケットでの買い物を通して、ごみについて考える「買い物ゲーム」を行いました。。
*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:
日時:2018年6月4日(月)8:50〜12:25
場所:桑名市立大成小学校
人数:78人
担当:環境学習推進員 脇谷 桐 
*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:
まずはみなさんに「買い物ゲーム」のルールの説明をして、隣の部屋に作った模擬スーパーでカレーの材料を買ってきてもらいました。
ブログ1.JPG

みなさん楽しく買い物できましたが、買い物すると「ごみ」がたくさん出てしまうことに気付いてもらいました。
ごみを処理する為には、たくさんお金がかかります。どんなところにお金がかかるのかお話した後、みなさんにごみを処理するためにどれくらいお金がかかるのか、自分たちが買ってきた品物で計算してもらいました。
ブログ2.JPG

ごみ処理するためには、たくさんのお金や場所が必要なだけではなく、燃やした時に出るCO2が地球温暖化の原因になっていることなどをお話しました。
ブログ3.JPG

2回目の買い物では、どの班も「エコバッグを使う」「ひとつの袋にまとめて入れる」など色々なアイディアを実行してくれたので、ごみや処理費を減らすことに事に成功しました。
ブログ4.JPG

みなさんが考えてくれたアイディアは、ふだんの買い物の時にもいかせるので、ぜひ実行して欲しいと思います。

【報告:桐】
posted by 三重県環境学習情報センター at 12:54| Comment(0) | 活動報告
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。