2018年07月10日

四日市市立川島小学校へ水質チェックの出前講座に行ってきました

日時:2018年7月10日(火)8:45〜12:25
場所:四日市市立川島小学校理科室、家庭科室
人数:150人
担当:木村、伊藤

 四日市市立川島小学校4年生の皆さんと「水の汚れについて」の学習をしました。
 最初に、日常生活でごく普通に使っている水がとても貴重なものであり、また人間の健康・命に関わる大切なものであることを再認識しました。
 次に、今日のテーマである水の汚れについて、CODパックを用いて調べてみました。事前に採水した、川の水、雨水、食器を洗った水、風呂の残り湯、米のとぎ汁などの汚れを調べました。その結果、自然の水より生活で使った水の方が数値が高く汚れていることがわかりました。特に、子どもたちの多くは、米のとぎ汁より川の水の方が汚れていると予想していたので、逆の結果に驚いた様子でした。
 水の汚れの原因が、洗剤・石けん・シャンプー・米のとぎ汁などに含まれる栄養分であることを理解したうえで、川や海を汚さないために私たちのできることをグループで話し合いました。*シャンプー・石けんは使い過ぎない *米のとぎ汁は植物にあげる *油は拭き取ってから洗うなどの意見が出ました。
 川や海を汚す原因の半分が家庭排水です。今日の学習を日常生活でも生かしてくれることを願っています。
IMG_2535.JPG  IMG_5435.JPG
【報告:伊藤】
posted by 三重県環境学習情報センター at 17:01| Comment(0) | 活動報告
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。