2018年11月20日

いなべ市立十社小学校5年生が来館し、買い物ゲームと施設見学を行いました。

**************************************************
日時:11月20日(火)9:25〜12:00
場所:三重県環境学習情報センター
人数:22人
担当:環境学習推進員 脇谷、中村
***************************************************
ブログ1.jpg 
今日は、買い物ゲームを通してゴミを減らすことについて学習しました。

最初の買い物では、「おいしそう」「安かったから」等の理由で買ったという班や「健康によさそう」「安心できる」「高級だから間違いない」等といったユニークな回答もとびだしたりし、マイバックを使わずにレジ袋を使っていたり、お買い得なパック品を選んだりと、自分たちの嗜好が強く反映されていました。
ブログ2.jpg
 でも、ごみに注目してみると知らず知らずのうちにごみを出してしまっていることや、それらが増え続けると将来大変なことになると学んでから2回目の買い物に行ってもらうと、今度はごみを出さない、減らすにはどうしたらいいか班で作戦会議した結果、どの班も最初より格段にごみを減らすことに成功しました!
ブログ3.jpg    ブログ4.jpg
 ごみが増えると、地球温暖化にもつながります。生物の生存危機、農作物への悪影響、新しい病気の発症等、困ったことがたくさん起こります。
 
 子どもたちには、買い物がごみを減らすチャンスであるということ、また買い物以外でもごみを減らすために自分たちができることがたくさんあるということを学んでもらいました。

ブログ5.jpg
 そのあと施設見学をし、環境クイズに挑戦しました。皆、楽しんで学習していました。

【報告:中村】
posted by 三重県環境学習情報センター at 15:19| Comment(0) | 活動報告
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。