2019年03月14日

鈴鹿市立若松小学校へ「買い物ゲーム」の出前講座に行ってきました。

**************************************************
日時:平成31年3月12日(火)10:40〜15:25
場所:鈴鹿市立若松小学校
人数:72人
担当:環境学習推進員 坂崎、中村
***************************************************
 鈴鹿市立若松小学校6年生に「買い物ゲーム」の出前講座を行いました。
 このゲームは、カレーの材料と飲み物を模擬スーパーマーケットに買いに行くことことを通して、「ゴミ」について考えていくものです。
 この小学校では、以前にも「買い物ゲーム」を行ったことがあり、子どもたちの中には覚えていた児童もおり、「安い」「量が多い」の理由で買う児童たちの間で、「バラで買うとゴミが少なくてすむから」と、1回目の買い物から「ゴミ」に注目してくれたグループもいました。
          ブログ1.jpg
 知らず知らずのうちに「ゴミ」も一緒に買ってしまっていることにみんなが再確認したところで、二回目の買い物です。「ゴミを減らす」「ゴミ処理費を減らす」ことをねらいに行ったところ、すべてのグループでゴミ減量を果たせました。1回目の買い物で、ほぼゴミの減量に成功していたグループの中には、ゴミ処理費を減らすことに注目し、残金(おつり)を増やすことをめざし、安いお肉を選択するという発想の転換を行う等、さすが6年生!と感心させられる場面がありました。ほとんどのグループが、パック売りからバラ売りを選択し、マイバックを使い、品物を一つにまとめて包むことに成功していました。
                             ブログ2.jpg
 私たちは、知らず知らずのうちにゴミを出しています。でも、ほんの少しの心がけで確実に減らすことができるのです。今日の体験学習で学んだことを実際の買い物やその他日常生活の中でも活かしてくれることを願っています。

【報告:中村】
posted by 三重県環境学習情報センター at 15:34| Comment(0) | 活動報告
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。