2019年06月14日

紀宝町立神内小学校3年生のみなさんに「もったいない講座」の出前講座を行いました

*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:
日時:2019年5月23日(木)10:25〜11:10
場所:紀宝町立神内小学校
人数:11人
担当:環境学習推進員 坂崎*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:

いろんな場面で使われる「もったいない」という言葉、その意味を「カレーライスの材料はどうやってつくられているのか?」ということで、みんなで一緒に考えました。

IMG_7724.JPG
野菜やお米はどんなふうに育つんだろう?

IMG_7725.JPG
カレーライスの材料カードを並べた後は、どんなところに人の力や育つためのお水がいるのか?を「人・水・お金カード」を置いてみました。
私たちが食べられるようになるまでには色んな手間や「美味しく食べてほしい」と願って育てた人の気持ちや動物の命をいただいているという事に気が付きました。

食べ物を残して捨ててしまう事の後ろには、たくさんの「もったいない」が隠れていることを学んでもらいました。

【報告:坂崎】
posted by 三重県環境学習情報センター at 17:08| Comment(0) | 活動報告
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。