2019年06月21日

四日市市立下野小学校4年生の皆さんが来館しました

日時:2019年6月21日(金)10:45〜12:30
場所:三重県環境学習情報センター
人数:児童77人 先生4人 計81人
担当:木村京子 伊藤幸治

 四日市市立下野小学校4年生の皆さんが社会見学の一環で来館しました。
 今回は水環境について、「水のクイズ」を考えながら学習しました。その中で日本では当たり前のように使っている水が、世界的にみると大変恵まれていること、水不足や衛生的な水が得られなくて困っている国が多くあることなどに驚きを感じていました。
 また、地球は「青色に輝く星」と言われ水が豊富にあると捉えられがちですが、私たちが生活で使える水(淡水)はごくごく僅かで、水は大変貴重なものであることがわかりました。
 さらに私たちの里海である伊勢湾を一番汚しているのは家庭排水であることから、川や海を汚さないために自分でできることを考え発表しました。*食べ残しをしない *シャンプー・リンスを使い過ぎない *歯磨きや顔洗いの時に水道を出しっぱなしにしない *ラーメンの汁を流さない などの意見が出されました。
 きれいな水が使えて当たり前と思っていませんか?当たり前だと思っていることをもう一度見直してみましょう。
2019.6.21 003.JPG 2019.6.21 005.JPG 2019.6.21 009.JPG 
【報告:伊藤】
posted by 三重県環境学習情報センター at 13:59| Comment(0) | 活動報告
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。