2019年11月01日

桑名市立大成小学校2年生の皆さんが来館しました

***************************
日時:2019年10月4日(金)12:30〜14:30
場所:三重県環境学習情報センター
人数:80人
担当:環境学習推進員 坂崎 脇谷 大山 太田 
***************************

桑名市立大成小学校2年生の皆さんが来館し、「紙すき体験」と「ごみゼロクイズ」を行いました。
紙すき体験では、身近にある牛乳パックを使ってはがきを作ります。
はじめに、材料となる牛乳パックのリサイクルについてお話しました。「牛乳パック、何枚でトイレットペーパーができるか?」「飲んだ後の処理は?」などについて話をしました。

ブログ1.jpg

その後、鍋で牛乳パックを柔らかくなるまで煮た牛乳パックのフィルムをはがして、細かくちぎりミキサーでどろどろにしました。

ブログ2.jpg

はがきサイズの枠ですくったら、スポンジで押して水分を出します。
飾りつけをし、最後にアイロンをかけたら完成です!

「ごみゼロクイズ」は、三重県の「めざそうごみゼロ社会」のDVDを見て、ゼロ吉と一緒にごみの学習をした後は「三重県ではどれくらいのごみの量が出ているのか?」など、わたしたちにとって身近な「ごみ問題」についてのクイズに挑戦しました。

【報告:大山】
posted by 三重県環境学習情報センター at 10:15| Comment(0) | 活動報告
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。