2019年11月18日

スキルアップ講座「身近な動物 コウモリを知る」を開催しました

 スキルアップ講座「身近な動物 コウモリを知る」を開催しました。
 最初に室内でコウモリの生態や自然破壊がコウモリに与える影響などについて学び、野外でアブラコウモリの観察をしました。
***********************************************************************************
   スキルアップ講座「身近な動物 コウモリを知る」
 【主催】三重県環境学習情報センター
 【共催】三重県総合博物館
 【協力】三重県立図書館 
 【日時】2019年10月5日(土)15:30〜18:10
 【場所】三重県総合博物館MieMu、および野外(津市)
 【参加人数】18人
 【講師】三重県総合博物館 主査 佐野 明 氏
 【担当】木村京子、大山恭子
***********************************************************************************
 室内では、コウモリのいろいろな種類の特徴、温帯にすむコウモリの生き残り戦術、開発・災害などがコウモリにとっての脅威となること、などについて講義していただきました。

  ブログ1.jpg
  コウモリの標本も見せていただきました

 その後、野外に出て日没を待ち、アブラコウモリの飛翔を待ちました。風があったので、飛んでくれるか心配でしたが、18時になる前に飛び始めました。コウモリの超音波を人間が聞き取れる周波数に変えるバットディテクターを使って、アブラコウモリの声を聞くこともできました。
 人の住んでいる所にアブラコウモリがいることを確認し、コウモリの声も聞けて、参加された皆さんは満足そうでした。

  ブログ_9240.JPG
  MieMuの近くの歩道で暗くなるのを待ちました。

  ブログ9244 -.JPG
 住宅街の空をアブラコウモリが何頭も飛んでくれました。

【報告】大山、木村
posted by 三重県環境学習情報センター at 10:11| Comment(0) | 活動報告
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。