2020年03月06日

「みえ星空環境案内人養成講座」第9講義『星空案内の実際』を開催しました!

2011年から始まり、今年で9年目となったこの講座は、『星と人と環境の懸け橋になろう』をキャッチフレーズに、星や空の環境について知り、伝えていく方を養成する講座です。
また、講座を通して全国共通資格「星空案内人(星のソムリエ)(R)」の認定も目ざすことができます。
その中で、センターの講座では、準星空案内人、みえ星空環境案内人の資格取得のための講義や実技など全9科目を行います。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
日時:2020年3月7日(土)16:30〜18:50
場所:鈴鹿馬子唄会館、鈴鹿峠自然の家 天文台「童夢」
参加人数:40人
担当:環境学習推進員 坂崎、太田
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ブログ5.jpeg

「星空案内の実際」は、グループで実際の観望会を想定したプログラム作りと発表を行いました。

ブログ4.jpg

これで全9科目すべてが終了し、今年度は33人の方が「準星空案内人」と、33人が三重県独自資格「みえ星空環境案内人」に認定されました。この資格認定はゴールではなく、星空案内人のスタートラインに立ったことを証明するものです。
ぜひ、今後も活動を続けて、たくさんの方と星の世界を楽しんでいただきたいと思います。
posted by 三重県環境学習情報センター at 12:06| Comment(0) | 活動報告
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。