2020年04月22日

春をかぞえた・・・。

この状況のなか、夜、自宅での一人時間が多くなり、穏やかなキモチになって朝を迎えるために、読書を楽しんでいます。

今日ご紹介したいのは、大好きな動物行動学者、日高敏隆さんの本。
「チョウななぜ飛ぶか」「ネコはどうしてわがままか」「人間はどこまで動物か」などタイトルをみただけでワクワクドキドキ…。一度だけご講演を聞いたことがあるのですが、「ことばにできない」深い気づきがありました。

毎年春に読んでいるのは「春の数えかた」。今年はいくつ春を見つけたかな。(そういえば、「小さい秋見つけた」という歌もあったな。)日高先生の本、ぜひ、ご一読ください。

新海1.png

【報告:新海】
posted by 三重県環境学習情報センター at 14:01| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。