2020年05月05日

独り自然観察「シイ、タニウツギ」

 ゴールデンウィークの後半で、環境学習情報センター付近のシイの花が咲きだしました。(シイの仲間には何種類かあり、ツブラジイとスダジイの見分けが難しいので、環境学習情報センター付近のものはシイと表現しておきます。)
(※写真をクリックすると大きくなります。)

   DSCN8476 - シイの木.JPG   DSCN8463 - シイの花.JPG
     花が咲きだしたシイの木          シイの花

 シイの花は匂いが強く、この木は高いところで花が咲いているのに、下にいてもにおいがわかりました。シイは強いにおいで、花粉を媒介する虫をひきつけているようです。
 シイの木は神社などでも見られるので、散歩がてら近くの神社や里山でこの花を探してみてください。

   DSCN8347 - 里山のシイ.JPG
    センター付近の里山のシイ

 センターの近くでは、数日前からタニウツギのピンクの花も咲き出し、見ごろを迎えています。
   DSCN8331 - タニウツギの木.JPG   DSCN8340 - コピー.JPG
       タニウツギ満開!           タニウツギの花

 タニウツギは庭や公園に植えられるハコネウツギと同じ仲間です。白からピンクに花の色が変わるハコネウツギと違って、タニウツギの花は初めからピンクです。
 タニウツギは主に日本海側でみられる植物ですが、鈴鹿山系にもあります。日本固有種です。

【木村】


posted by 三重県環境学習情報センター at 14:55| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。