2020年05月16日

独り自然観察 「ダイミョウキマダラハナバチ」

 先日、三重県環境学習情報センターの近くで、ハルジオンに止まっている見慣れないハチを見つけました。アシナガバチの仲間かなと思って写真を撮り、調べてみると、どうもダイミョウキマダラハナバチのようです。

   DSCN8734ダイミョウキマダラハナバチ (縮小).JPG

 このハチは、ヒゲナガハナバチ類の巣に卵を産みこみます。そして、生まれた幼虫はそこに蓄えられている花粉などを盗み食いして育つのだそうです。
 成虫は春にだけ出現しますが、メスしか知られていないということです。

【木村】


posted by 三重県環境学習情報センター at 15:54| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。