2020年05月31日

独り自然観察 「モリアオガエルの卵塊」

 モリアオガエルの産卵のシーズンになりました。毎年、この時期になるとモリアオガエルの声が聞こえてきますが、今年もセンターの近くで盛んに鳴いています。
 先日、他の人に「これは何?」と聞かれて写真を見せてもらうと、モリアオガエルの卵塊(らんかい)でした。センターの近くだったので自分も見に行って、写真を撮りました。
※写真をクリックすると大きくなります。

  DSCN9364 - 卵塊遠景.JPG   DSCN9365 - 卵塊近景.JPG
   松の木に卵塊(泡みたいなもの)が。下に小さな池があります。
   モリアオガエルは 池などの上に張り出した枝に卵塊を産み付けます。

 モリアオガエルの卵は泡みたいなのものの中にいっぱい入っていて、卵が孵化(ふか)すると、下の池の中にオタマジャクシが落ちるようになっています。

 【木村】

posted by 三重県環境学習情報センター at 13:12| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。