2020年07月24日

独り自然観察 「トンボ類・変な虫・ノリウツギ」

 7月23日は「エコぞうウォーク〜夏休み編〜」を実施する予定でしたが、お天気が思わしくなく、中止しました。
 三重県環境学習情報センターの周辺では、今、いろいろな生きものが見られます。お天気がよくなったら、この辺を散歩して 虫や鳥、植物などを楽しんでみてください。
※写真をクリックすると大きくなります。

  DSCN1600 - ミヤマアカネ縮小.JPG
   ミヤマアカネ  きれいな赤とんぼ

 道端のタカサゴユリの葉に、何か変なものがついています。鳥か虫の糞(ふん)のように見えます。
  DSCN1586ユリクビナガハムシ - 縮小.JPG
 でも、近くでよく観ると虫のようです。
 その辺のタカサゴユリにいっぱいいるので、写真を撮って調べてみると、「ユリクビナガハムシ」という甲虫の幼虫だとわかりました。ユリの仲間の葉などを食べます。
 
  DSCN1647 -ユリクビナガハムシ上下(縮小).JPG
体はオレンジ色で、上にいるのは体がそのまま見えている状態です。下にいるのは何かを背負っています。

  DSCN1612ユリクビナガ見える(縮).JPG
  この個体は何かを背負っていますが、まだオレンジ色の体が見えています。

  DSCN1613 - ユリクビナガ完璧(縮).JPG
  完璧な状態です。 ウンチにしか見えないよ!!
 彼らはいったい何を背負っているのでしょうか? 興味のある方は調べてみてください。

  DSCN1628 - ノリウツギ縮小.JPG    DSCN1616ハラビロトンボ 縮小.JPG
     咲き出したノリウツギ       ハラビロトンボの顔には宝石が・・・・・

【木村】


posted by 三重県環境学習情報センター at 18:15| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。