2020年09月22日

独り自然観察「ヒガンバナ」

 今年は9月15日になってもヒガンバナを見ませんでした。毎年、大体9月中旬頃には、あちこちで赤いヒガンバナが咲き出しているのですが・・・・・。
 ヒガンバナは秋の彼岸(ひがん・秋分の日の頃の1週間。今年は9月19日〜25日)の頃に咲くので、この名前があります。マンジュシャゲとも呼ばれます。
 9月21日(月・祝)の出勤途中、やっとヒガンバナの花を見つけました。数輪ずつ、数か所で咲いていました。蕾がまだたくさんあったので、おそらく9月19日か20日に咲き出したのではないかと思います。とりあえず、秋の彼岸に間に合ったという感じです。

   DSCN3454ヒガンバナ(縮小).JPG

 皆さんのお宅の近くでは、今年ヒガンバナはいつ咲き出しましたか?
 今年は8月がとても暑かったので、ヒガンバナの開花時期に影響したのではないかと思っています。今後は気候変動の影響で、ヒガンバナが「秋の彼岸より後に咲く」ことになってくるかもしれません。
 そんなことにならないように、願っています。

【木村】

posted by 三重県環境学習情報センター at 11:49| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。