2020年12月16日

三重県北部は雪景色

 今年の12月は暖かかったので、鈴鹿山脈にもなかなか雪が積もりませんでした。しかし、昨日12月15日に雪積もり、ふもとの菰野町や四日市市でも少し雪が降りました。
 下の写真は今朝(12月16日)の御在所岳の様子です。白い鉄塔は御在所ロープウェイの鉄塔です。

   DSCN5588 -御在所 縮小.JPG

 今朝は雪がやみましたが、昨夜は四日市市よりも多度山などがある養老山地、いなべ市、桑名市の方で雪が多く降り、養老山地が白く朝日に輝いていました。

   DSCN5595 -養老 1 縮小.JPG
     養老山地の様子

   DSCN5598 - 養老2 縮小.JPG  DSCN5600 - 養老3 縮小.JPG
    いなべ市付近の養老山地    桑名市付近の養老山地

 これからは、三重県環境学習情報センター周辺は雨よりも雪が降る可能性が高くなり、積雪や路面凍結が心配な時期です。
 当センターへお越しの際は、気象情報や道路情報に気をつけていただき、冬用タイヤ等でお願いいたします。

posted by 三重県環境学習情報センター at 09:21| Comment(0) | お知らせ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。