2021年01月22日

キレンジャクがいました

 今年1月16日に四日市市内で、キレンジャク2羽を観察しました。
 ※写真をクリックすると大きくなります。

   DSCN6185キレンジャク(縮).JPG
    電柱のてっぺんで一休み

 キレンジャクはレンジャク科の野鳥で、冬に日本へやってきます。目を通る黒い線や冠羽(かんう)と呼ばれる頭の上の立った羽毛、尾の先の黄色が特徴です。三重県では尾の先が赤いヒレンジャクの方が多いようです。
 キレンジャクもヒレンジャクもヤドリギの実が大好きですが、このキレンジャクは近くにヤドリギの実がないので、クロガネモチの実を食べていました。

   DSCN6119 - キレンジャク 実(縮).JPG
  クロガネモチに来たキレンジャク

【木村】

posted by 三重県環境学習情報センター at 13:19| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。