2021年02月07日

四日市市桜地区で野鳥観察会が開催されました

 四日市市桜地区の社会福祉協議会が、野鳥観察会を開催しました。毎年この時期に開催していて、今年で14年目です。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
  【主催】四日市市 桜地区社会福祉協議会文化部
  【日時】2021(R.3)年1月31日(日) 9:30〜12:00
  【場所】桜地区市民センター付近の矢合川(やごうがわ)沿い(四日市市)
  【講師】川瀬裕之氏(日本野鳥の会三重)
      木村京子(三重県環境学習情報センター)
  【参加人数】38人
  【担当】木村
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 早朝には雨が降っていましたが開催時間にはあがり、午前中はほとんど風がなくて穏やかでした。

   IMG_5956 - 始まり.JPG
  市民センター前で、会長さんのあいさつ等

 市民センター前で双眼鏡の使い方の説明をしたあと出発しました。すぐそばの矢合川沿いに歩き、田んぼや川で、ムクドリ、ツグミ、モズ、ホオジロ、アオサギ、ノスリ、セグロセキレイ、ジョウビタキなどを観察しました。

   IMG_5959 - 橋の上.JPG   IMG_5962 - 田んぼ.JPG
         タカの仲間のノスリを観察

   IMG_5965 - 望遠鏡.JPG
    ハシボソガラスを観察

 新型コロナウイルス感染症の感染防止のため、今年は観察から戻ってきてからも市民センターの会議室には入らず、屋外で観られた鳥の確認を行いました。今回観られたのは、全部で26種類でした。

【報告:木村】

posted by 三重県環境学習情報センター at 10:25| Comment(0) | 活動報告
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。