2021年02月19日

スキルアップ講座「行動する人になる!SDGs講座」 第5回 エシカル×SDGs〜私のチョイスが地域・世界を変える〜を行いました!

***********************************************************
【日 時】令和2年2月6日(土)14:00〜16:30
【場 所】みえ県民交流センター 交流スペースA
【参加者】20名
***********************************************************

●「サスティナブルな未来に向けて ゴマメーカーだから出来ること」
藤澤英二 氏(九鬼産業株式会社)
※新型コロナウイルス感染症の拡大を受けて、藤澤氏(九鬼産業株式会社)の講義はオンラインで行いました。
 私たちの食にかかせないごま。小さな一粒から未来を考える時間をもちました。
国産のごまはとても貴重です。私たちが食べているごまのほとんどが外国産のもの。収穫や調整等手間がかかることから、日本国内の生産が非常に難しい食材です。
 九鬼産業は、ごまメーカー。そのような状況でも、フェアトレード、国内産(三重県産)のごま栽培、生産に取り組んでいます。
 フェアトレードごまは、一人の社員の努力から始まり、ニカラグアで生産しています。まだまだ、スーパーにおいてなく、見返ることがない現実です。しかし、フェアトレードタウンの名古屋市等では学校給食に使われているようです。 ゴマ油も販売されています。
 国内産ごまは、大規模農家での展開、農福連携による福祉事業によって生産が進んでいます。三重県では、「目指せごまの栽培日本一!三重県国産ごま栽培プロジェクト」が展開されています。国産ごまも九鬼産業の全体売上のほんの僅かしか占めていません。きなこにごまを加えた商品などが販売されています。
 ごまを食べるとき、このごまは、どこでどのように作られているのだろう?そんなことを考えるようになりました。

ブログ1.jpg ブログ2.jpg

●「5ミリの粒にPeaceな魂」
倉田浩伸 氏(株式会社クラタペッパー オーナー)
 「アリとキリギリス」のお話をご存じですか。そんな投げかけで、倉田さんの話が始まりました。
 ご自身の経験からカンボジアに関心をもった経緯と、いかに平和をつくっていけるかとの自身に問いつづけたこと、さらにカンボジアの戦後復興の礎となる仕事を作りたいと農業国であるカンボジアの産業の再生、貿易による経済的自立の取り組んだこと、を熱く語っていただきました。
 そして、胡椒との出会い。胡椒がカンボジアの特産品であったことを知り、土地・風土にあった農産物だと、わずが3本の苗で胡椒農園を復活させました。しかし、生産はするもののなかなか日本にはマーケットが見つからない。生産者に支払うお金がなく、カンボジア撤退も検討していたときに、カンボジアに観光に来た人がお土産として胡椒を買っていただけることがわかり、カンボジアでの販売に切り替えることとしました。少しずつユーザーが増え、商品デザインも変え、詰め替え容器での販売や紙製のレジ袋を使用したり…。胡椒は、オーガニック、環境にやさしい生産をしており、生産に携わる地元の人々の雇用創出にもつながっています。
 倉田さんいわく、「SDGsと言われる前からSDGsの取り組みをしていました」。
 平和な社会をつくるためには、多様性を尊重する社会形成が必要、価値観の多様性がとても大切。倉田さんのお話から、排除してしまいがちな自分と違う考えを、いかに受け止め、生かしていくか、再考する時間になりました。

ブログ3.jpg ブログ4.jpg

●「三重×エシカル ミエシカル〜日々の生活にローカルなエシカルを」
安原智子 氏(特定非営利活動法人Mブリッジ)
 ミエシカル。聞きなれない言葉です。三重とエシカルをかけた言葉、三重県内の素敵な取り組みや商品を紹介する活動をしています。2012年にエシカル推進チームを発足し活動をスタート。観光ブックの作成、エシカルツアーの実施、エシカル基準の作成などを行い、今年度は、「食品ロス削減事業」「オンラインレビュー会事業」「オンラインエシカル講座開設事業」を展開しています。
 ミエシカルの特徴は、2017年度に作成した「環境に配慮したエシカルの基準」です。「三重版エシカルチェックリスト」と名付けられ、「ローカル(地域活性化)×普遍的なエシカルの考え方」をベースに6項目が掲げられています。オンラインレビュー会事業では、このチェックシートを活用してエシカル商品の評価や総評をしています。 
 エシカルな商品ってどんな商品?エシカルな商品はどこに売っているの?そんな質問をよく聞きます。ローカル版ではあるものの、エシカルの基準にそって三重の商品を発掘し、紹介し、消費を増やしています。
 ミエシカルが、地域にSDGsを根付かせる重要な役割を担っていることを知りました。

ブログ5.jpg

 ゲスト3名の話のあとのフロアとのセッションでは、「フェアトレードのものは高い!」というコメントがありました。
 「確かに価格は高いです。でも、これまでの大量生産・大量消費は資源が枯渇しつつある今、見直されないといけない」「デフレ・スパイラルとならないよう適正な価格で買うこと、格差のある社会を是正しなければいけない」「安い価格のものにはどこかに歪みがあります」とそれぞれコメントをいただきました。他にもいくつもの核心をつく質問や意見をいただきました。
 最後に、今回コメンテーターをお願いした、エシカル・ペネロープ株式会社の原田さとみさんから、「以前はエシカルって何?という雰囲気でしたが、ムーブメントとして、この10年、むくむくと動いてきています。皆さんがエシカルな視点をもって選び、未来をつくっていきましょう」とメッセージがありました。

【報告:新海】

posted by 三重県環境学習情報センター at 13:09| Comment(0) | 活動報告
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。