2021年03月19日

三重県民の森での自然観察会

 三重県民の森での第2土曜の自然観察会を開催しましたが、雨が降り出してひどくなってきたので、途中で終わることにしました。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
      3月の三重県民の森自然観察会
  【主  催】 三重県民の森、自然観察指導員三重連絡会、
         三重県環境学習情報センター
  【日  時】 2021(R.3)年3月13日(土)9:30〜10:30
  【場  所】 三重県民の森(三重郡菰野町)
  【参加人数】 23人
  【担  当】 環境学習推進員 木村
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 曇りの予報だったので、自然観察会を開催することにしましたが、開催時間のころに雨が降り出してしまいました。

   IMG_2530 - ふれあいの館前.JPG
頭上の枝にハラビロカマキリの卵を見つけました

 集合したふれあいの館前から自然学習展示館の方へ歩いていく途中で、ヤブツバキの花や満開のシキミの花を観察したり、枯れて切り倒したクロマツから生えているヒトクチタケを観察したりしました。

   シキミ7615(縮).JPG
      シキミの花

 雨がなかなか止みそうもないので、自然学習展示館の軒下で雨宿りをすることにしました。そして、軒下にいるオオヒメグモやジョロウグモの卵嚢(らんのう)、チョウの蛹の羽化殻、すぐそばに生えているヒメオドリコソウの花などを観察したり、県民の森で観られる野鳥について写真を見ながら説明を聞いたりしました。

   IMG_2533 - 蛹の殻観察.JPG   IMG_2539 - ヒメオドリコソウ.JPG

   IMG_2540 - 野鳥の説明.JPG

 ふれあいの館前に戻ってきてから、最後に寄生バチの幼虫がついているギンメッキゴミグモを、一部の人に観ていただきました。

   DSCN7682 - ギメッキと寄生ハチ幼虫(縮).JPG
寄生バチの幼虫(薄黄色のイモムシ)がついているギンメッキゴミグモ

 いったん終了した後で、希望者だけで自然学習展示館の上にある ことりの里に向かいました。
 ことりの里のはばたきの池で、ヤマアカガエルのオタマジャクシや終齢幼虫と思われるオニヤンマの大きなヤゴ、ガガンボの仲間の幼虫、フタスジモンカゲロウの幼虫を観ました。

   DSCN7677 - オニヤンマやご(縮).JPG
     オニヤンマの幼虫

   DSCN7669 -ガガンボ類の幼虫.JPG   DSCN7664 -フタスジモンカゲロウ(縮).JPG
     ガガンボ類の幼虫     フタスジモンカゲロウの幼虫

【報告 : 木村】

posted by 三重県環境学習情報センター at 17:02| Comment(0) | 活動報告
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。