2021年05月23日

多気町立相可小学校で「買い物ゲーム」行いました

多気町立相可小学校4年生のみなさんと模擬スーパーマーケットでの買い物を通して、ごみについて考える「買い物ゲーム」を行いました
*************************************************************
 日時:2021年5月21日(金)10:35〜15:15
 場所:多気町立相可小学校 会議室・家庭科室
 人数:42人
 担当:環境学習推進員 太田・大村
**************************************************************
今回は、3,4限目と5,6限目に1クラスずつ行いました。
「買い物ゲーム」はグループに分かれてカレーを作るための材料と飲み物を模擬スーパーで買い物してきます。
お買い得商品を中心に、みなさん楽しく買い物できましたが、買い物をすると「ごみ」がたくさん出てしまうことに気付いてもらいました。
IMG_2808.JPG IMG_2810.JPG

ごみを処理するためには、たくさんお金がかかります。どんなところにお金がかかるのかお話した後、みなさんにごみを処理するためにどれくらいお金がかかるのか、自分たちが買ってきた品物で計算してもらいました。
IMG_2803.JPG IMG_2801.JPG

ごみ問題についてお話した後、買い物の時にごみを減らすためにはどうしたらよいか、各班でアイディアを出し合いました。その後のぞんだ2回目の買い物では、「なるべく包装の少ない商品を買う」「処理費が少ない商品を選ぶ」など、色々なアイディアを実行してくれたので、どの班もごみや処理費を減らすことに成功しました。
IMG_2806.JPG IMG_2818.JPG

ごみ問題は私たちの行動で改善していく問題です。今回学習したことを参考に、自分たちにも出来ることを少しずつ、実行していってほしいと思います。
【報告】大村
posted by 三重県環境学習情報センター at 10:40| Comment(0) | 活動報告
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。