2009年11月26日

鈴鹿市立庄野小学校のみなさんがセンターの見学と体験学習をしました

 鈴鹿市立庄野小学校4年生のみなさんがセンターで展示ホールの見学と、体験学習として水質チェックを行いました。

********************************************
日時:2009年11月26日 9:10〜12:00
場所:三重県環境学習情報センター
人数:生徒 61人 先生 4人
担当:水谷 雅寛 大橋 京子
********************************************

CODではかる 水質チェックでは、CODパックテストを使って、水の汚れ具合をはかります。

 学校で班ごとに話し合って、いろいろな水を持ってきてくれました。鈴鹿や亀山、四日市、桑名の川や井戸水・湧水、学校の池やプール、雨水や水道(浄水器や、ミネラルウォーターなども)、そして、お皿を洗った水やお風呂の水、米のとぎ汁などの水です。


いろいろな結果が その中では、水道水だけでなく、川の水もきれいという結果が出ました。みんなが「ドブ」と呼んでいる水路でもCODの値がとても低いという結果になりました。
 その川を汚さないために、自分たちに何ができるのか、一人一人考えて、しおりに書いていました。
このことを、実際の生活でいかしてみてくださいね。


 見学では、展示ホールと屋上にあるソーラーパネルを見ていただきました。みなさん、タッチパネルのパソコンでビデオを見たり、熱心にメモをとったりしていました。そのほかにも、たくさんの質問をいただきました。

見学のようす
 屋上から中庭をのぞいています  タッチパネルで勉強中
 中庭にある三重県の形をしたビオトープをのぞいて見ています(写真左)
 
【報告:水谷 大橋】

posted by 三重県環境学習情報センター at 14:46| Comment(0) | 活動報告
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: