2009年11月27日

津市立上野小学校のみなさんがセンターで体験学習をしました

 鈴鹿市立庄野小学校4年生のみなさんがセンターで体験学習として買い物ゲームを行いました。

********************************************
日時:2009年11月27日 13:00〜14:30
場所:三重県環境学習情報センター
人数:生徒 43人 先生 4人
担当:水谷 雅寛 大橋 京子
********************************************

ごみについて話し合います 買い物をすることを通して、ごみの現状を知ってもらうこのゲーム。まずは、擬似スーパーでカレーの材料を買います。
 「安いから」といった理由で買ってきたトレイでの買い物。中には、すでに環境について考えてきてくれて、リサイクルできるものを買った、という意見も。
班ごとに買い物中 でも、実際に買ってきたものをよく見てみると、ごみが出るものばかり。大いと13個もゴミを買ってきてしまっていました。

 ごみの現状について知ってもらい、どうすればゴミを減らすことができるのかを班で考えて、もう一度買い物。今度は、ごみの数がぐっと減りました。

ごみの数は減ったかな? 1時間半の講座でしたが、一生懸命聞いて、質問するとすぐに手が挙がるので、毎回、いろいろな意見を聞く事が出来ました。

 最後に、自分たちで何ができるのか、考えてもらいました。ぜひこれから、できることから、徐々に家族と一緒に、買い物のときにできるリデュースを心掛けましょうね!
posted by 三重県環境学習情報センター at 17:13| Comment(0) | 活動報告
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: