2010年11月20日

PLT実践講座2日目

 PLT(プロジェクト・ラーニング・ツリー)はアメリカで開発された植物を中心とした環境教育プログラムです。
 このプログラムを使って「PLT指導者養成セミナー」修了生の方々が、緑の少年隊の交流集会の午後の部において、楽しい自然体験活動を実施しました。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
      PLT実践講座(2日目)
  主催:三重県自然環境室、三重県環境学習情報センター
  協力:三重県緑化推進協会、緑の少年隊三重県連盟
  日時:2010年11月13日(土)10:00〜16:30
  場所:三重県民の森(三重郡菰野町大字千草)
  緑の少年隊:子ども40人、指導者26人
  三重県緑化推進協会:2人
  PLT指導者:10人
  担当:三重県自然環境室 山ア貴哉氏
      三重県環境学習情報センター 木村京子
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 10月31日のPLT実践講座1日目で準備と練習をし、11且13日の三重県民の森での緑の少年隊三重県連盟第26回交流集会でPLTプログラムを実施しました。
 午前中、緑の少年隊の皆さんが木工などに取り組んでいる間に、PLTの指導者の方々は集まって、午後のプロラムの最後の準備と打ち合わせを行いました。
 午後1時からのPLTプロクラムでは、少年隊の皆さんを低学年と高学年に分け、別々の活動を行いました。
 低学年のグループは、6つの班にまた分かれ、木肌の「こすり出し」をして木の観察を行いました。次に、さまざまな落ち葉を集めてきて葉っぱの観察をし、その後ボードに張り付けて作品を作りました。そして、最後に物語の読み聞かせがありました。
 この、落ち葉を張りつけた作品は三重県環境学習情報センターの展示室に展示してあるので、見に来てください。

  teigakunen 4597.JPG  teigakunen 4641.JPG
     木肌のこすり出し      どんな葉っぱを探すのか説明
   
     teigakunen 4706.JPG  teigakunen 4733.JPG
     探してきたきれいな落ち葉をボードに張っていきました
     DSCN4764.JPG  DSCN4765.JPG
                  落ち葉をボードに張り付けた作品
     DSCN4766.JPG
              
 高学年は最初に輪になってゲームをして緊張をほぐしてから、箱の中に手を入れて、中に入っている物の種類数を当てたり、箱に入っているのと同じ植物を、触った感触だけを頼りに探したりしました。

  kougakunen 4565.JPG     kougakunen 4581.JPG
輪になって簡単なゲームをしました  箱の中に手を入れて何種類入っているか当てました

 次に、自然界や人間の社会でのカモフラージュについてお話を聞いた後、地面にまかれた色紙を探して、色によっては背景にまぎれて分りにくいことを体験しました。
 両方のグループとも、子どもたちもPLT指導者の皆さんも、楽しそうに活動していました。

  kougakunen 4668.JPG         kougakunen 4700.JPG
色の紙の中に書かれた線の数を数えました  地面にまかれた色紙を探しています

 緑の少年隊の交流集会が終わった後、PLT指導者の方々は活動の反省会をして、今回の活動を今後に活かすための「振り返り」を行いました。

【報告:環境学習推進員 木村】
posted by 三重県環境学習情報センター at 11:57| Comment(0) | 活動報告
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。