2010年11月22日

JICA地域別研修でベネズエラの皆さんが来館しました

 JICA「ベネズエラ向け循環型社会形成促進のための廃棄物総合管理」研修が、10月21日から12月2日まで、ICETTを中心に実施されています。すでに日本の廃棄物処理や3Rの手法について学んだ皆さんが、今日は環境情報センターで研修されました。

日時:2010年11月22日(月)14:00〜16:30
受講人数:14人
担当:センター長 川邉幸生  環境学習推進員 吉田晴子

DSCN9222.jpg 研修の終盤である本日からは「環境意識啓発の手法」について学ぶ予定です。始めにセンターの取り組みや施設の概要について講義を行いました。



DSCN9225.jpg そして、容器包装ごみの削減がテーマである「買い物ゲーム」を体験していただきました。通常、子どもたちが「買い物ゲーム」をする際には、値段に注目して買い物をしていますが、皆さんは最初からごみに注目して買い物をされていました。中には四日市市のキャラクターがプリントされたエコバッグを持参した方もいました。「買い物ゲーム」は特別な道具(機器)を必要としないので、多くの国で応用できる環境学習プログラムだと思います。帰国後の業務に役立ちましたら幸いです。

DSCN9226.jpg 1回目の買い物からごみを少なくぴかぴか(新しい)

【報告:環境学習推進員 吉田晴子】
posted by 三重県環境学習情報センター at 22:06| Comment(0) | 活動報告
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。