2011年02月22日

スキルアップ講座、生き物からの感染症を行いました。

休日の曇り空にもかかわらず、朝からたくさんの人が講座を受けに集まってくれました。

日時:2011年2月20日(日) 10:00〜11:40
場所:三重県男女共同参画センター「フレンテみえ」セミナー室C
人数:34人
講師:三重県保健環境研究所微生物研究課 赤地重宏
担当:清水英喜・木村京子・岸孝政

この日は、スキルアップ講座としては異例の、午前と午後が違う内容での講座です。
午前の部は「生き物からの感染症」と題して、数々の人間への感染症を症例をもとに話して頂きました。特に近年は、地球温暖化の影響からか、蚊等の生息域も変化してきており、いままででは、考えられない地域にも感染症が出始めています。

DSCN0173.jpg DSCN0178.jpg← 講座風景

動物由来の感染症は、日本脳炎やツツガムシ病、インフルエンザや日本紅斑熱など、たくさんあります。特に今、話題になっている鳥インフルエンザについて、三重県でも、最近、発症例が出たと言う事もあり、詳しくお話しをしていただきました。
また、日本紅斑熱は伊勢の朝熊山周辺に多く発症者が居住している現状や、原因となるダニやその対処法などの話も詳しくしていただきました。
最後の質問時間には沢山の質問を頂きました。
DSCN0192.jpg←質問の様子
最後にまとめとして、動物からの感染症を防ぐには、どの様にすれば良いのかを話して頂き、この講座を終了しました。
皆さんも、感染症にかからない様に、手洗い・うがいは勿論の事、マスクや衣類の着替えを行って、感染症を防ぎましょう!特にペットを飼っている方、要注意ですよ!!

【報告:清水】




 
posted by 三重県環境学習情報センター at 10:38| Comment(0) | 活動報告
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。