2013年12月21日

モズの「はやにえ」発見

 12月20日、庭のエゴノキの枝でまだ新しいモズの「はやにえ」を見つけました。モズが自分の獲物を枝などに刺したのを「モズの はやにえ」と呼びます。これはイモムシのようですね。
   imomushi 1481.JPG  mozu P1042550.JPG
        はやにえ                モズ
 モズの はやにえは、三重県では寒くなってきた11月下旬から1月頃にかけて、よく見られます。昆虫はもちろん、ミミズやヒル、カエル、カナヘビ、など、いろいろな小動物が、枝やトゲ、鉄条網等に刺されています。私はまだ見たことがありませんが、小鳥もあるそうです。
 モズは刺した獲物をまた食べにきます。でも、冬中そのままになっている場合もあります。皆さんも、いろいろな「モズの はやにえ」を探してみませんか。

  kaeru PC202450.JPG   2 kera4604.JPG
  koutyu 4596.JPG   mimizu 4599.JPG

【環境学習推進員 木村】
posted by 三重県環境学習情報センター at 20:55| Comment(0) | 活動報告
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。