2014年10月23日

ほうし活動

 お昼休みの散歩中にまた変なものを見つけました。
 初めは変わった形の木の実だなと思ったのですが、顔を近づけてみるとどうやらキノコ(菌類)の仲間のようです。星型に広がった外皮の中央に球体がでんと居座っていて、そこに小さな穴が開いています。
「もしや・・・」
と思い、近くにあった小枝でその球体を軽く叩くと、ぽふっという小さな音とともに煙の様な多量の胞子が吐き出されました。これでこのキノコの子孫繁栄は確実でしょう。
 IMG_1678~ツチグリ.JPG
 センターに戻ってから早速図鑑で調べてみると、『 ツチグリ 』 という名前のキノコだと分かりました。
 小さな自然を捜し始めると切りがありませんが、そこには生き物たちの小宇宙が広がっているので興味が尽きません。

【 文章 : 山田 】
posted by 三重県環境学習情報センター at 12:50| Comment(0) | 日記

2014年10月22日

周辺の野生生物

 しばらくはグズついたお天気が続きそうですが、この雨が上がれば空気が澄んで素晴らしい秋晴れになることでしょう。

 今週末にセンター周辺で自転車レースが開催されるため、道路沿いに茂っていた雑草がきれいさっぱりと刈り取られました。芝生の様に刈りこまれた草地は傍から見れば手入れの行き届いたきれいな場所に映るかもしれませんが、そんな空間も “ あの動物 ” にとっては絶好の餌場となります。
 ミミズや肥えた土などを食べるためにイノシシが掘り起こした跡が、新しく現れた草地のそこかしこに確認でき、まるで小さな畑の様になっています。草を刈った場所が翌朝には耕されていますから、野生生物は人間界の出来事をよく観察しているなあと感心させられます。
IMG_1674 - コピー.JPG IMG_1673 - コピー.JPG IMG_1676 - コピー.JPG
 イノシシによって掘り起こされた地面には新鮮な空気が入り、また地下で眠っていた植物の種子も芽を出すことができるので、森林を更新していく上で彼らの存在はなくてはならないものとなっています。

【 文章 : 山田 】
posted by 三重県環境学習情報センター at 12:03| Comment(0) | 日記

2014年10月18日

わが家の同居者 その2

 9月22日なので、そろそろ1か月近くたちますが、家の壁に鮮やかな黄緑色のきれいな虫が止まっていました。ハネはレースのようで、透けて体が見えます。
   kusakagero 6772.JPG
 触覚はからだの長さと同じくらいでしょうか、とても長いですね。この写真をよく見ると、目が十文字か「ばってん」に見えて、なんとなく不思議ですけど。
 そう言えば、次の日、津市内でこの虫の卵を見つけました。その卵は「うどんげの花(華かな?)」と呼ばれます。何年か前に、わが家でも見つけたことがあります。
 さて、この虫の名前は何というでしょうか?

【環境学習推進員 木村】
posted by 三重県環境学習情報センター at 20:17| Comment(0) | 日記

2014年10月15日

紅葉狩りと押し葉A秋遊び編

 こうも立て続けに台風に来られると外に出られない不満が溜まってきますが、こんな時には室内でできる季節体験型の工作を考えるのもいいですね。先週から伸しておいた押し葉ができたので、これを使って紅葉の栞を作ってみたいと思います。

・*・*・*・ 作り方 ・*・*・*・
1.ラミネートフィルムに葉を良い加減、適当に配置します。
  今回は名刺サイズのフィルムを使用しました。
2.ラミネーターに掛けます。
3.熱いうちに本を乗せて平らにします。
4.リボン用の穴をパンチで開けます。
5.完成
 IMG_2632.JPG
 これなら栞としてだけではなく葉の標本としても良いかもしれません。
 今回初めて紅葉狩り〜押し葉〜栞作りと通してやってみましたが、思いの外楽しかったです。個人的には植え込みのナニカ(ドウダンツツジという名前でした)の紅色が気に入っています。手馴れてきてたくさん作れる様になったら、季節限定の来館者プレゼントにしたいと考えています。
 まずは今週末の自然観察会、参加者の皆さんが喜んでくれるといいのですが・・・

【 文章:山田 】
posted by 三重県環境学習情報センター at 16:20| Comment(0) | 日記

紅葉狩りと押し葉@準備編

 次第に秋めいてきたこともあってか、お昼休みに20分くらい散歩しても汗をかくことはなくなりました。
 ぶらぶらしながら工作に使えそうなものでもないか探していると、緑の葉っぱに薄く黄色が滲んだ様な色合いの銀杏が目に留まりました。子供の頃に押し花を作った経験のある方は多いでしょうが、私はまだ試したことがありません。10月中に自然観察会を開くこともあり、参加者に何か手土産をと考えていた矢先ですので、紅葉狩りを兼ねて押し葉作りに挑戦したいと思います。
 センターの周辺を探してみるとイチョウにカエデ、ツタ、サクラ、植え込みのナニカなど、実に沢山の植物が来る秋本番に備えて着々と準備を進めていることに驚きました。その中から色合いの良い葉、虫食いの葉、良い具合に欠けている葉を適当に見繕って持ち帰ります。
IMG_1570.JPG IMG_1598.JPG IMG_1578.JPG
 ・*・*・*・ 下準備 ・*・*・*・
1.葉の汚れを拭き取ります。
2.新聞紙の上に白い紙を重ね、葉っぱを置きます。
  葉にインクが移りそうだったのと、トイレットペーパーなら吸水性も良いだろうと考えました。
3.さらにその上から滅多に開かない動物図鑑、植物図鑑各種を重石として乗せます。
4.普通は2〜3日で充分だそうですが、出勤の都合から4日間置いておくことにします。

 作り方についていろいろと調べてはみましたが、如何せん初めて作るものですから終始手探りの状態でした。
 出来上がった押し葉の色がどれくらいの期間保つのかは分かりませんが、季節を閉じ込める方法を考え出した日本人は凄いですね。

『 紅葉狩りと押し葉A秋遊び編 』へ続きます。

【 文章:山田 】

posted by 三重県環境学習情報センター at 09:00| Comment(0) | 日記

2014年10月14日

今日のおやつ

 IMG_1607~アケビ - コピー.JPG
アケビです。
まだ猿たちには見つかっていません。
これから毎朝、食べる分だけいただこうと思います。
アケビの葉を食べるアケビコノハという妖艶な蛾がいますが、その紹介はまた別の機会に・・・

【 文章:山田 】
posted by 三重県環境学習情報センター at 09:08| Comment(0) | 日記

2014年10月08日

今日は皆既月食の日

 こんにちは。
 朝晩は肌寒いくらいの日が続いています、体調管理にはお気をつけ下さい。

 さて見出しにあるように、今晩18時〜21時頃にかけて、皆既月食が日本各地で見られると朝のラジオで言っていました。早起きはしてみるものですね。
 予報では雲のない絶好のお月見日和になるそうで、しかも今夜は満月です。月食の始まりから終わりまでを通して見ることができる機会はそうそうないだろうと今から楽しみにしています。
 天体ショーと聞いて思い出すのは2009年の夏、大学の期末試験を受けていて見逃した皆既日食、よりによってこんな日に試験をするなんて、なんて理解のない大学だ!と1人フンガイしていましたが、今日こそあの日の無念を晴らすことができそうです。
 昨日19時頃にお月様はやや南寄りの東の空にありました。私の住んでいるアパートの廊下も東を向いているので、今夜は廊下に椅子を引っ張り出して最高の秋の夜長を過ごしてやろうと心に決めています。
 皆さんも何か羽織れるものを1枚と蚊取り線香、それと右手にお猪口を忘れずに・・・

 なお、今夜の皆既月食の詳しい内容については国立天文台のホームページをご覧になるのが良いかと思います。

【 文章:山田 】

posted by 三重県環境学習情報センター at 12:20| Comment(0) | 日記

2014年09月21日

小さなオオスズメバチ

自転車で通勤しているためか、道端の小さなものがよく目に入ってきます。
今日見つけたのは、これからの季節注意が必要なオオスズメバチです。

IMG_2451 - コピー.JPG IMG_2460 - コピー.JPG IMG_2469 - コピー.JPG

しかし、この2匹は取っ組み合いの喧嘩の真最中で、私のことは意に介さないようです。
レンズが当たりそうなほどの至近距離から撮影しても、摘まみ上げて様々な角度から観察しても、相手を離そうとはしませんでした。
攻撃に毒針を使っている様子はありませんが、もう1つの武器である大顎の応酬が凄まじいです。まるで鍔迫り合いのようにガチガチと音がし、お互いに相手を砕かんばかりの勢いです。

それにしても、このハチには違和感を覚えました。
最初はコガタスズメバチ?と思ったのですが、いろいろと特徴を調べていくとどうやら小さなオオスズメバチだとわかりました。
今年の夏は雨が多く気温があまり上がらなかったためか、成長に必要な十分な餌をとることができなかったのかもしれません。
私は5年ほど北陸に住んでいましたが、ハチやヘビなどのいわゆる外温動物は三重県のものに比べ1〜2まわりは小さかったです・・・ヘビは短かったです。
雪国といっても夏の最高気温は38℃にもなる北陸です。生き物のサイズに影響するのは最高気温ではなく、春から秋の間にどれだけ餌を食べられるかだと友人が教えてくれました。
地域やその年の天気によって外見に差が出るなんて、すごく面白いことだと思いませんか?

この文章を書いている横でとうとう決着がついたらしく、2匹とも飛び立つ準備を始めました。
事務所の中でぶんぶんやられてもかなわないので、お礼を言って逃がしてやりました。
今日は良い天気です。

【 文章:山田 】
posted by 三重県環境学習情報センター at 10:44| Comment(0) | 日記

2014年04月05日

桜と雪

 昨日は台風並みの風が吹き荒れた環境学習情報センター付近ですが、今日は少し風があるものの、穏やかな日になりました。
 朝、出勤してきて、鈴鹿山脈の御在所岳の上の方が白くなっていることに気づきました。昨夜の雨は、山の高いところでは雪だったのですね。
   DSCN2980.JPG   DSCN2978.JPG
            桜の季節ですが、山は雪
 桜が早く咲いたところでは、もう散りかけているかもしれませんが、センター付近のソメイヨシノは今が見ごろです。
   DSCN2989.JPG
 まだ少し寒い日があるかもしれませんが、もうヤマザクラが咲いてきています。鈴鹿山麓ではこれからマルバアオダモやクロバイ、フジ、モチツツジ、ヤマツツジなどがどんどん咲き出し、新緑と花の季節になっていきます。
  【環境学習推進員 木村】

posted by 三重県環境学習情報センター at 13:43| Comment(0) | 日記

2014年03月30日

環境学習情報センターでもソメイヨシノ開花

 急に暖かくなったので、環境学習情報センターの前の駐車場のソメイヨシノも一気に咲き出しました。先日、ヒバリが駐車場の草地の上空でさえずっているのを見ましたが、今日はつがいらしい2羽を見ました。ウグイスも鳴いています。いよいよ春本番。これから、いろいろな花の開花が楽しみです。

  DSCN2973 - コピー.JPG   DSCN2974 - コピー.JPG

  DSCN2963 - コピー.JPG   DSCN2969 - コピー.JPG

  【報告:環境学習推進員 木村】
posted by 三重県環境学習情報センター at 18:19| Comment(0) | 日記

2014年03月29日

清流 柿田川

 先日、私用で関東の方に行った帰りに、静岡県清水町に寄って清流で有名な柿田川を見てきました。柿田川は、富士山の伏流水が国道1号線の付近から何か所も湧き出していて、川になっていきます。水が湧き出している付近は公園になっていて、遊歩道が整備さていました。
 本当にきれいな川で、川底や水草がはっきり見え、堰から水が流れ落ちたところは澄んだ青い色でした。ミシマバイカモの花の季節ではなかったのが、ちょっと残念ですが、それでも見に行った価値は十分ありました。
 写真ではうまく表現できていないので、ぜひ、現地へ足を運んで本当の柿田川を見ていただきたいと思います。必見の川です。

  DSCN2801.JPG  DSCN2832.JPG
デッキから、水が湧き出しているところ(コンクリートの輪の中)を見ることができます

  DSCN2821.JPG  DSCN2784.JPG

  DSCN2763.JPG  DSCN2778.JPG

  DSCN2780.JPG
「天然記念物 柿田川湧水群」の説明板
★写真をクリックして、ぜひ説明を読んでください。
   

【報告:環境学習推進員 木村】
posted by 三重県環境学習情報センター at 16:56| Comment(0) | 日記

2014年03月28日

春の花と「ふろしき展」

 三重県環境学習情報センター付近の冬もやっと終わりという感じで、急に暖かくなりました。そして、ショウジョウバカマも咲きだし、春の花がにぎやかになってきました。
 センターでは「心つつんで ふろしき展」を3月30日(日)まで開催しています。作品を楽しんでいただくとともに、包み方も体験できますので、ぜひお越しください。周辺の春の花もお待ちしています。
  DSCN2924.JPG
     ショウジョウバカマ

  DSCN2870.JPG  2863.JPG
   シロバナタンポポ(在来種)       在来種のタンポポ

  DSCN2916.JPG  DSCN2950.JPG
      シハイスミレ       隣のスポーツランドの早咲きのサクラ

  sm2954.JPG   sm2955.JPG
     心つつんで ふろしき展
    
   sm2956.JPG

【報告:環境学習推進員 木村】
posted by 三重県環境学習情報センター at 16:56| Comment(0) | 日記

2014年03月13日

「ふきのとう」の天ぷら

先日、1月29日に我が家の庭のふきのとうが芽を出したことを書きましたが、こんなに膨らんでました。
せっかくなので「春」を天ぷらにしていただきました。
ちょっと苦味があって美味しかったです。自然に感謝です。ありがとうるんるん

             026.JPG  

【報告:三浦】
posted by 三重県環境学習情報センター at 10:35| Comment(0) | 日記

2014年01月31日

スズメの日向ぼっこ

 お天気が良かった午前中、我が家の東側の屋根の上でスズメたちが日向ぼっこをしていました。北西の風が少しあったのですが、この場所は風が当たらないのでしょう。
  4wa 1986.JPG
    気持ちよさそうですね。
  2wa 1990.JPG
 向こう側のスズメは、目の上が一部白くなっています。こちらからは見えませんが、この白い部分は反対側まで続いていて、鉢巻状になっているのです。これは、この部分だけ色素がなくなっている「部分白化」と思われます。
【木村】
posted by 三重県環境学習情報センター at 15:41| Comment(0) | 日記

2014年01月30日

1月12日の彫刻の謎が判明!

 センター前に設置されている彫刻は、現在、東京造形大学教授の井田勝己氏の作品でした。この作品には、「さあ 行こう!」というタイトルが付けられていて、平成10年に行われた「第15回神戸須磨離宮公園現代彫刻展」で「三重県立美術館賞受賞作品」と銘板に刻まれていました。さらに井田氏について、インターネットで調べてみました。その中に「作者のことば」が次のように紹介されていました。
!cid_0FFAEF4E1DAAB8AAD0C8C71E954EA662-01@decoMailer.jpg !cid_B1F600A0071F9923823C51491F6727BF-00@decoMailer.jpg
!cid_B1F600A0071F9923823C51491F6727BF-01@decoMailer.jpg !cid_0FFAEF4E1DAAB8AAD0C8C71E954EA662-00@decoMailer.jpg

*************************************
作者のことば 

 いつも山の中のスタジオで独りで仕事をしています。一日中誰とも口を聞かない日もあります。孤独を感じるとき、ストーブに薪を投げ込みながらその火を見ているとき気持ちが和みます。火を見ながら逝ってしまった友人や家族のことなどを思い出しますが、そんな思いが何となく制作活動に繋がっているような気がします。
 作品を制作しているときは無心で、唯、体を動かしているだけなんですが・・・

                                   井田勝己
*************************************

何か、芸術家の心の中を垣間見たようなそんな気になります。ゆっくりした中に張りつめたような・・・

【センター長 伊藤】
posted by 三重県環境学習情報センター at 17:00| Comment(0) | 日記

2014年01月29日

春がきた?

昨日・今日と暖かいですが、2月に入ると「寒のもどり」があると天気予報で言っていました。
でも、見てください。うちの庭では「ふきのとう」が芽を出していました。
まわりをみると1つ・2つ・・結構あります。寒くても確実に春が近づいているんですね。
ふきのとう.jpg

【報告:三浦】          
posted by 三重県環境学習情報センター at 16:58| Comment(0) | 日記

2014年01月23日

今年も大変?

今日はとてもいい天気です。少し風が冷たいですが青空が気持ちいいです。
四日市スポーツランドに行く道沿いには、たくさんの木が集中しています。
その中の杉の木をみるとたくさんの雄花がふくらんでいました。
「これが飛ぶんだよなぁ〜ふらふらあぁ〜また悩まされるなぁ」もうやだ〜(悲しい顔)

IMG_6396.JPG   IMG_6395.JPG
花粉症の方、今から、自分なりに対策?を。私は外に出ませんって・・・そりゃ無理な話ですダッシュ(走り出すさま)
【報告:三浦】
posted by 三重県環境学習情報センター at 13:30| Comment(0) | 日記

2014年01月20日

発見!

昨日の雪もすっかりあがって快晴の今日。センターの裏の斜面で動物の足跡を発見しました。地面が掘られている所を見るとイノシシだと思いますが・・

DSC_0492.JPG  DSC_0494.JPG

これだけでは、なかなかイノシシと特定はしにくいと思いますが、ご意見のある方は是非お寄せ下さい。
この極寒?のセンター付近でも自然の営みは脈々と続いている事に安心をしました。
このセンター付近は猿・鹿・狐・猪・兎・たまに熊と言った動物を見る事が出来ます。
みなさんも、このサファリパーク?の様なセンターへ是非よって下さい。運が良ければこの様な動物に会えるかも?

【報告:環境学習推進員 清水】
posted by 三重県環境学習情報センター at 14:34| Comment(0) | 日記

快晴!

昨日の雪とはうって変って本日は快晴なり!と言う事で屋上から見える御在所岳やその近辺の山をご覧下さい。
DSC_0496.JPG

ただし、近隣の道は一部凍っているところがあるのでご注意くださいね!
この風光明媚なセンターへ是非お越し下さい。寒いですが(泣)

【報告:環境学習推進員 清水】
posted by 三重県環境学習情報センター at 13:57| Comment(0) | 日記

2014年01月18日

ナンキンハゼの木

三重県環境学習情報センターの駐車場には、たくさんのナンキンハゼの木があります。
明るいうちに見るのと、夜にみるのとでは大違い。
夜のナンキンハゼの木はちょっと幻想的な感じです。冬ならではの風景です。

IMG_6363.JPG      IMG_6350.JPG
白く見えるのはナンキンハゼの実です。

【報告:三浦】
posted by 三重県環境学習情報センター at 17:28| Comment(0) | 日記