2011年01月19日

雪の日の様子

DSCN9339.jpg 1月16日未明から降りだした雪は、センター周辺を銀世界へと変えました。ここ6年間でも、1・2番ではないか、というほどの大雪。デジカメを片手に、仕事を後手に(?)。センター周辺を散策しました。

 まずセンターの中庭で発見したものは
DSCN9324.jpg 
 三重県の形の池ですが、ほぼ全面凍結しております。三重県全域で大雪・凍結警報発令中であります。



 駐車場の方に歩いて行きましょう。
DSCN9325.jpg 17日から、センターではリニューアル工事を行っています。この雪の中、業者の方は予定通りに来られています。しかし、ここに来てスリップ。チェーンを巻くことになったようです。

 
DSCN9330.jpg では実際にどれほどの積雪なのでしょうか?きちんと観測しましょう。
 2011年1月17日 9時30分の積雪深は 27cm であります。


DSCN9331.jpg センター前の芝生です。真っ白!誰の足跡もありません! 
だから、
DSCN9337.jpg 寝てみた…無音の世界が広がります。

DSCN9338.jpg おまけ 跡がついた。          【by はる】
posted by 三重県環境学習情報センター at 13:38| Comment(0) | 日記

2011年01月05日

明けましておめでとうございます

 新年あけましておめでとうございます。2011年もどうぞ環境学習情報センターをよろしくお願いいたします。

 新しい年にふさわしい、おめでたい画像で皆さまに幸を!

ebizo.jpg

(クリックすると画像が大きくなります)

 おおっ。謹賀新年の美しい文字!これは昨日、センターにお越しになった方にいただきました。さらに門松!こちらは年末にセンターにお越しになった方にいただきました。
 そして左には…鶴です!そして右には…亀!「鶴は千年・亀は万年」ですね!
 では中央は何?光ってよく見えないぞ、との皆さまの声にお答えしてズーム!

IMG_3227.jpg

エビです!しかも生きています!おめでたい!

 このエビは昨年12月初旬、世間がえび蔵さんに騒いでいる頃、鳥羽市加茂川での採水中に誤って採水パックに転落(?)。やむなくセンターが引取りました。

 最初の1週間はエサがわからず、絶食させていました。しかしそんな状態でもこのエビは脱皮をしたのです!その姿に感動し、池の藻を適当に水槽に入れたところ、キャットフードのCMに登場するネコ並の食欲で藻に食らいつき始めました。その後、もう一度脱皮をし、脱皮の周期は約2週間であることが判明しました。

 年末年始、センターは1年で唯一の休館期間になります。飼育担当の職員も休暇に入ったため、エビにとっては再び飢饉が訪れましたが、無事に2011年を迎えました。命の力、素晴らしいですね。

 そんなわけで、2011年もどうぞよろしくお願いいたします。
なお、こちらのエビ(通称:加茂川えび蔵)は事務室前に展示しておりますので、お越しの際はぜひご覧下さい。

【by はる】
posted by 三重県環境学習情報センター at 18:21| Comment(0) | 日記

2010年12月23日

とってもキレイな虹がでましたよ!!

 昨日、今日と天気が一時しぐれていたのですが、センターからキレイな虹が見えました!ぴかぴか(新しい)

 主虹と副虹 12月22日撮影 
 ↑↑クリックすると大きな画像で見られます☆

 よくみると、主虹の外側にもうひとつ虹が見えます。これは副虹といって、普通の虹は外側から赤・橙(オレンジ)・黄色・緑・青・藍・紫の色が見えるのですが、副虹は順番が逆になっていて、外側から紫・藍・青・・・となっています。(写真では分かりづらいですが…)
 不思議でとってもキレイですよねぴかぴか(新しい)

posted by 三重県環境学習情報センター at 15:56| Comment(0) | 日記

2010年06月03日

ササユリ展&自生地見学会が開催されます 〜参加者募集〜

 センターの講座受講生の方から、イベントのお知らせがありました。

【主催】ホタル・ユリの会 (伊賀市)
【会場】ふるさとの森会館
【日時】6月13日(日) 9:30〜16:00
    見学会は会場を12時に出発です。
【内容】
 『ササユリ展』は主にササユリの展示です。各会員宅で、鉢植えで種子から栽培し開花させていますが、その開花鉢や育成家庭(一葉や数年育てた茎立ちした鉢など)を実物展示やパネル展示・園芸コーナー・会の活動など自生地保存として、8か所の会員管理地があり、そちらは固有種保存にも勤めていますが、その様子などをします。

 『自生地見学会』は当日集まった希望者で自生地を数か所巡ります。まちかど博物館「ササユリ研究博物館」も訪ねます。

 詳しくは「ホタル・ユリの会」のホームページをご覧下さい。

【報告:吉田】
posted by 三重県環境学習情報センター at 21:55| Comment(0) | 日記

2010年03月30日

こどもエコクラブ全国フェスティバル2010 〜一人の一歩、みんなの未来〜 が開催されました

 子どもたちが広く環境に関心を持ち、環境問題を解決する力を育むために「こどもエコクラブ全国フェスティバル2010」が開催されました。

日時:2010年3月27日(土) 10:00〜16:45
場所:日本科学未来館
主催:環境省      共催:日本科学未来館
協賛:ロッテ 大和ハウス工業 コカ・コーラ

 全国フェスティバルには、各県1クラブが選抜クラブとして参加します。また今年度は「エコまるラリー」に挑戦したクラブから抽選で2クラブも参加が可能になり、全部で49クラブの参加となりました。

 応募した壁新聞の中から、環境大臣賞に選ばれた長野県の「小諸市立坂の上小学校 6年2組」クラブが活動発表を行いました。このクラブは使われなくなった田んぼを耕し、蕎麦を育てています。単に農業体験ではなく、高齢化などの地域の課題に取り組み、その効果をきちんと検証していて、素晴らしい内容でした。

 午後からは5グループに分かれ、エコ給食や協賛企業による環境教室を体験しました。

GR.jpg 今年こそは! エコ給食ぴかぴか(新しい) 

コカ・コーラ 砂糖きびカスを使ったハガキ作り
IMG_0096.jpg IMG_0099.jpg

ロッテ 路面のガムを取り清掃。その後、ガム作りを体験
K.jpg K.jpg

_CnEX.jpg 大和ハウス工業 エコな家を設計

?VP.jpg ?VQ.jpg 壁新聞の掲示

Od.jpg そして、選抜クラブによる壁新聞セッションが始まりました。自分たちの作った壁新聞を前に、他のクラブに活動をアピールします。今日初めて会う人ばかりなのに、子どもたちは積極的に話しかけていきます。さすがこどもエコクラブ 三重県選抜クラブの「清和小学校手作り絵本サークル キラキラレインボー」の2人も、頑張っていました。

やー クロージングセレモニーでは、お笑い芸人の
ダチョウ倶楽部さんと一緒に、エコクラブのテーマソング
「こどもエコクラブLOVE大好き」をみんなで歌いました。

           なんと言っているか、わかりますね?→

GRl`.jpg 全国フェスティバルは、年度末に行われることもあり、担当者にとっても1年の締めくくりであります。来年のフェスティバルを目指して、また1年頑張ろうと思いました。
→来年度も、こどもエコクラブをよろしくね (by エコまる)

【by  はる】
posted by 三重県環境学習情報センター at 16:35| Comment(0) | 日記

2010年01月14日

中庭のビオトープに5mmの氷が!!

昨日からやっと冬らしくなりましたね雪
今まであまり寒くなかったので、急に冷えると余計に寒く感じます(>_<)彡
今日、中庭に出たらなんと、三重県型ビオトープ(池)に氷が!!
5mmの氷が張っていました。

※画像をクリックすると大きい画像が見られます。
 ムーミン谷の冬? ムーミン親子&フローラ

 緑の募金箱+金魚 氷の上に乗ってます☆
 ムーミン谷の仲間と緑の募金箱を乗せてみました。氷は思っていたより丈夫でした。

 氷に乗せるの図 氷に人形を乗せるの図

ちなみに、中庭の気温3.8℃、池の水温0.5℃。
みなさん、いつもより暖かくしてお過ごしくださいぴかぴか(新しい)

【大橋】
posted by 三重県環境学習情報センター at 11:24| Comment(0) | 日記

2009年11月18日

しし座流星群の活動が見られました

11月18日早朝、「しし座流星群」が活発に活動しました。

今年は、例年に比べて活発な活動が見られると予想されていました。そのため、三重県環境学習情報センターでは、スキルアップ講座として10月31日に「しし座流星群を見るために」という講座を開催しました。

しし座流星群は、毎年11月18日前後にピークを迎えますが、2001年には日本で流星雨と呼ばれる、1時間に何千個という流れ星を降らせました。流星雨のようなたくさんの流れ星が流れることはあまりありませんが、最近の流星研究により、ピークがいつ、どのくらい見られるのかが分かるようになってきました。

そこで今年のしし座流星群は、11月18日午前6時過ぎに見られると予想され、その直前の夜明け前に日本では1時間に数十個の流れ星が見られると予報されていました。

三重県紀北町で観測したところ、11月18日の4時ごろから1時間程度に50〜60個程度の流れ星を見ることができました。予想通りの活動でした。また、四日市市内では、1時間に30個程度の流れ星が見られた、ということです。

(要WindowsMediaPlayer)
 <11月18日午前4時30分ごろからみられた流星>


次回は、12月13日ごろに「ふたご座流星群」がピークを迎えます。ぜひ夜空を見てみてください。

【報告:水谷】
posted by 三重県環境学習情報センター at 16:49| Comment(0) | 日記

2009年10月28日

もう一人?の環境学習推進員

  プリウス 

 センターは業務で使用する自動車を2台所有(借用)しています。そのうち1台は、初代プリウス。センターの業務とともに10年。走行距離は14万キロメートルを超えました。

 ご存知のように、プリウスはハイブリットカーであり、元祖エコカーと言える存在です。このところはエコカー減税対象車という言葉をよく聞きますが、その中でもプリウスは確固たる地位を築いた車ではないでしょうか(別に「プリウス」の宣伝ではありません…)。

 出前講座は「県内であればどこへでも」行かせていただくため、センターのプリウスもこの広い(長い?)三重県を北に南へ東に西へ。時には名古屋市や新宮市まで行ったことも。でも燃費がいいから、ガソリンがなくなるのを心配することはほとんどありませんでした。

「やっぱりプリウスなんですね」
「さすが環境学習情報センターの車ですね」

 今でこそプリウスはたくさん走っていますが、数年前までは珍しい存在でした。出前講座に行くとよく言われた言葉です。プリウスは走ることで、多くの方の環境への関心を高めてくれたことでしょう。そう考えると、三重県内の道路を14万キロ走って、ただすれ違った人、プリウスが駐車してあるのを見た人。きっとたくさんの人に「プリウスだ!環境にやさしい車だ!」という想いを抱かせてきたと思います。

 いつも本当にありがとう。感謝の気持ちを込めて…

purius2.jpg 洗車ぴかぴか(新しい)

【by はる】
posted by 三重県環境学習情報センター at 15:52| Comment(0) | 日記

2009年09月14日

新型インフルエンザの対策

 新型インフルエンザの本格的な流行が心配されています。センターでも、これからたくさんの小学校が社会見学に来られる予定ですし、秋は出前講座やイベントも多いので、気をつけなければなりません。

新型インフルエンザの流行を防ぐためには、
 @手洗い・うがい
 A咳エチケット
 B普段から体力や抵抗力を高める

 と、言っては何ですが、私たちが個人単位で取り組めることは「小さいこと」や「普通のこと」です。手洗いやうがいなどは、インフルエンザに関わらず、普段から取り組んだ方がいいですよね。またこれらは、高額なお金や特別な能力は必要ではなく、やろうと思えば誰でもできることです。

 環境に対する取り組みも、これと同じだと思います。

 ・エコバッグを持って買い物に行く
 ・部屋の電気をこまめに消す
 ・ごみはきちんと分別して捨てる
 
 これらは、高額なお金も特別な能力も不要です。やろうと思えば、誰でもできることではないでしょうか。そんな「小さいこと」や「普通のこと」が環境を守ることにつながるのです。その意味では環境問題に特効薬は無し、でしょうか(インフルエンザにはタミフルがありますが・・・)。

 インフルエンザの対策も環境活動も、一人よりたくさんの人が取り組んでこそ効果が大きくなります。どちらも、できることにきちんと取り組んでいきたいですね。

【by はる】
posted by 三重県環境学習情報センター at 18:23| Comment(0) | 日記

2009年08月11日

環境学習情報センターは、10歳になりました

 1999年8月11日。三重県環境学習情報センターは、三重県保健環境研究部と共に、鈴鹿山麓リサーチパークで業務を開始しました。

 1999年。皆さんは、何をされていましたか?

 世間では、ノストラダムスの大予言により、人類が滅亡するとかしないとか。プロ野球では松坂大輔選手が活躍し、流行語「リベンジ」も生みました(他に「ブッチホン」「雑草魂」)。年末のレコード大賞はGLAYの「Winter, again」だそうです。

 環境学習に限らず、教育の効果はすぐには表れないと言われます。漢方薬のように、あとでじっくり効果が出る。さて10年経ち、じっくり効果が表れたでしょうか。

 希望的観測で恐縮ですが、10年でだいぶ「環境」に対する意識が変わったと思います。それは、地球温暖化など10年前より深刻な影響が表れ始めたことも関係しているでしょう。より多くの人が、より詳しく「環境」について知りたいと考えていることを感じます。

 次の課題は「意識」から「行動」へ。10年前、センターに来て環境学習をした子どもたち、センターの出前講座で環境学習した子どもたち(出前講座を始めたのは、もう少し後かもしれません)。今、大人になっても環境に配慮した「行動」をしてくれていれば、嬉しく思います。

 毎日色々な講座をさせていただきますが、私はどんな講座でもそれを願っています。

 今後とも三重県環境学習情報センターをよろしくお願いいたします。

【by はる】
posted by 三重県環境学習情報センター at 00:00| 日記

2009年08月05日

8月11日は何の日?

 来る8月11日はセンターにとって、ある記念日です。
 
 毎年8月11日は存在しますが、今年の8月11日はちょっと違います。

 さて、何の日でしょうか・・?

 答えは後日、掲載します。

 【by はる】
posted by 三重県環境学習情報センター at 17:43| Comment(0) | 日記

2009年07月06日

フリーマーケットin四日市ドームで「エコバックに絵を描こう」のブース出展をしました。

フリーマーケットin四日市ドームは特定非営利活動法人MFA主催の三重県最大級のフリーマーケットです。三重県環境学習情報センターは前回の3月に初めて「エコバックに絵を描こう!」で出展させていただき、今回は2回目の出展になります。
今回のフリーマーケットin四日市ドームの総入場者数は約5,000人とたくさんの人たちで賑わいました。


*****************************

【日時】 2009年7月5日(日)10:00〜16:00
【場所】 四日市ドーム エントランス箇所
【対象】 フリーマーケット入場者
【参加費】無料
【人数】 こども316人 大人182人 計498人
【内容】 コットンバックに水性ペンで絵を描いてもらう
【担当】川邊センター長・水谷・後藤

*****************************


10:00開場にもかかわらず、私たちが会場に着いた頃には、すでに会場にはたくさんの人が並んでいました。予定より少し早い9:45にお客さまは開場スタートしました。
 開場と同時に、「エコバックに絵を描こう!」のブースにもたくさんの人が来てくれました。フリーマーケットで買い物する前にエコバックを持って行ってもらえると、そのエコバックを早速使ってお買い物ができるのでこちらとしてもたいへん嬉しいことです。


DSCN8793.JPG


みなさん、思い思いに好きな絵を描いていて、とても楽しそうでした。なかには、仲の良いお友達同士でお揃いの絵を描いている人もいました。今日、絵を描いてもらった自分だけのオリジナルエコバックに愛着をもつことで、お買い物の際に持って行ったり、これからも大事に使い続けてもらえたらと思います。


DSCN8801.JPG


また、こどもエコフェアのチラシパネルを展示したところ、「いいイベントだね!」と興味を持っていただけた方もいらっしゃいました。こどもエコフェアでは「エコバックに絵を描こう!」のような楽しいブースがたくさん出展します。そちらもご期待ください。

〈報告:後藤〉


posted by 三重県環境学習情報センター at 11:25| Comment(0) | 日記

2009年06月16日

6月21日「親子自然教室&和文化体験」参加者募集のご案内

 日本財団の助成事業である「親子自然教室&和文化体験」のイベントが環境学習情報センターを会場として行われます。簡単な浴衣着付けを学び、森の万華鏡作りを行います。参加費は無料ですので、お気軽にご参加下さい。

主催:日本財団
共催:イオンチアーズクラブ
日時:2009年6月21日(日)10:00〜12:00
場所:センター研修室、センター周辺
対象:3〜6歳の幼児と保護者 20組
参加費:無料(保険代、材料費、講師料等は助成により運営されます)
持ち物:水筒、タオル、浴衣(大人&子ども)、帯、バンダナまたは大きなハンカチ
服装:軽装でお越し下さい

【スケジュール】
10:00 受付
10:15〜11:00 親子で浴衣着付け (講師:きもの学院講師)
11:00〜11:20 野外にて散策活動採取
11:20〜12:00 森の万華鏡つくり  (講師:日本ネイチャーゲーム協会指導員)

【申し込み・お問い合わせ】 
日本ネイチャーゲーム協会インストラクター 橋本さん(090-3302-6868)までお願いします。受講は先着ですので、お早目にお願いします。

【報告:環境学習推進員 吉田晴子】

posted by 三重県環境学習情報センター at 18:00| Comment(0) | 日記

2009年06月06日

「まちかどエコ@みえ」でスキルアップ講座「緑のカーテンで環境学習」の様子を配信中

 4月26日(日)に開催された指導者養成スキルアップ講座「緑のカーテンで環境学習」の様子が、インターネット動画で配信されております。

http://www.eco.pref.mie.jp/machieco/

 「まちかどエコ@みえ」は、6月からリニューアルした企画です。ご自宅に届きます「県政だよりみえ」と三重の環境と森林ホームページとの連動企画です。

 6月のテーマは「夏を乗り切るひと工夫」。講座で紹介した、員弁中学校の取り組みだけでなく、各地の緑のカーテンが紹介されています。ぜひご覧下さい。

【by はる】
posted by 三重県環境学習情報センター at 12:47| Comment(0) | 日記

2009年06月05日

「アイウエーブまつさか」で中原幼稚園での出前講座の様子を配信中!

  6月4日に松阪市立中原幼稚園で行った出前講座の様子を「行政情報番組アイウエーブまつさか」でインターネット配信しております。

 こちらのホームページの7番のニュースです。
 ゼロ吉、踊る。ぜひご覧下さい。

http://www.ciaotv.ne.jp/~i-wave/i-wave291/a.html

【by はる】

posted by 三重県環境学習情報センター at 18:47| Comment(0) | 日記

2009年05月21日

「こどもエコクラブ」のテーマソングができました♪

 この度、シンガーソングライターのタケカワユキヒデ氏によるこどもエコクラブのテーマソング「こどもエコクラブ LOVE 大好き」ができました!
 平成20年度の全国フェスティバルにて初披露され、タケカワさんとフェスティバルの参加者とが元気に大合唱しました。
 テーマソングはウェブサイトに掲載しております。ぜひお聴き下さい♪

こどもエコクラブテーマソング
「こどもエコクラブ LOVE 大好き」
http://www.ecoclub.go.jp/member/festival/rep_h20.html#song

【by はる】


posted by 三重県環境学習情報センター at 21:48| Comment(0) | 日記

2009年05月16日

手タレ

 って何のことかご存じですか?

 「手のタレント手(パー)」という意味です、たぶん。食器洗い用洗剤のCMなどで、お皿を持つ手だけ登場する方がいますが、それです。

 このたび、初めて「手タレ」な状況に遭遇しました。こちら↓

 http://www.happyecocute.com/furoshi.htm

 3月6日に収録した番組(放送は4月4日でした)のホームページに掲載されているのです。これはまさしく私の手。

 ホームページでは、いろんなエコの話題を紹介されていますので、ぜひご覧下さい。

【by はる】
posted by 三重県環境学習情報センター at 13:01| Comment(0) | 日記

2009年04月28日

「春のキッズエコフェア」 CTYニュースエリア便で配信中

 4月18日に開催した県民の日参画イベント「春のキッズエコフェア」のニュースがケーブルテレビのCTYさんで放映されました。

 ニュースの模様は、インターネットでも配信されています。ぜひご覧下さい。

こちら http://www.cty-net.ne.jp/streaming/cms/st_more.cgi?d=2&c=886

【by はる】
posted by 三重県環境学習情報センター at 15:06| Comment(0) | 日記

2009年04月20日

「春のキッズエコフェア」で春の自然を楽しみました♪

 4月18日(土)に開催した「県民の日参画イベント 春のキッズエコフェア」。主な体験ブースは室内でしたので「せっかくのフィールドと春を使わないのはもったいないっ」。「春の自然を感じよう♪」と題して自然観察を行いました。

担当:環境学習推進員 吉田晴子 木村京子


<午前の部> 春の「色いろ」さがし  参加者:34名
 センター前の広場には、地域の方が整備した花壇があり、色とりどりの花が咲いています。でも、広場に自然に生えている草も、花を咲かせていたり、若々しい葉を出していたりして鮮やかです。そこで「色」をキーにして自然を観ることにしました。「白」「ピンク」「青」の色に近いものを探します。一言に「白」と言ってもシロツメクサの白、タンポポの綿毛の白、様々な白があることがわかりましたね。

DSCN1916.jpg DSCN1920.jpg
色に注目して探します

DSCN1921.jpg DSCN1934.jpg
 たくさん見つけたね!

<午後の部> 春の「たね」  参加者:39名
 植物は仲間をできるだけ遠い所で増やすために「たね」を遠くに運びます。タンポポの綿毛が一番わかりやすいですが、カラスノエンドウは種をはじけさせます。サクラは実をつけて、実を鳥などに食べてもらうことで種を遠くに運んでもらいます。そのような植物の工夫を考えました。
 また「タンポポ綿毛のドライフラワー」も作りました。朝、こちらで予備のタンポポ綿毛を摘んでおいたのですが、みんな自分で見つけることができました。タンポポ綿毛は時間が経たないと開かないのですが…みんなのタンポポ、ちゃんと開いたかな?

DSCN1968.jpg 中に入っているものを手(触感)で考えます

DSCN1997.jpg タンポポ綿毛のドライフラワーを作るよ

 たくさんの方にご参加いただき、ありがとうございました♪

【by はる】
posted by 三重県環境学習情報センター at 11:55| Comment(0) | 日記

2009年03月30日

こどもエコクラブ全国フェスティバル2009 〜all for EARTH〜 が開催されました

 全国で活動するこどもエコクラブメンバーが交流する年1回のイベント「こどもエコクラブ全国フェスティバル」。これまで全国各地で開催していましたが、今年度はスタイルが変わり、宇宙飛行士の毛利衛さんが館長を務める、日本科学未来館で開催されました。

日時:2009年3月28日(土)10:00〜16:30
場所:日本科学未来館
主催:環境省 財団法人日本環境協会
共催:日本科学未来館

 今回のイベントに参加したのは、各県1つの選抜クラブです。1年間の活動の様子を「壁新聞」にまとめて応募したクラブの中から、各県1クラブが選ばれています。三重県からは家族で活動する「ゆきさやクラブ」が出場しました。

 イベントは斉藤鉄夫環境大臣、日本科学未来館館長・毛利衛さんからの挨拶から始まりました。その中で、今年度三重県の選抜クラブにはならなかったものの、活発な活動をしている「員弁中学校選択理科(いなべ市)」の壁新聞について、毛利さんからコメントをいただく場面もぴかぴか(新しい)

 お昼に「エコ弁当」を食べ、未来館ツアーに出かけました。短い時間でしたが、感じたことや勉強になったことをまとめ、ディスカッション。さすがこどもエコクラブ!普段からよく学び、よく考え、よく話し合っているからこそできることだと感心しました。

IMG_0011.jpg エコ弁当(私は食べられず…)

IMG_0020.jpg 壁新聞は一部コピーで展示

IMG_0042.jpg 今日学んだことをふりかえり

GRKC_[.jpg マイク係は「エコガインダー」 

 最後に今回、タケカワユキヒデさんが作詞作曲したこどもエコクラブのテーマソング「こどもエコクラブLOVE大好き」をみんなで歌い、いつまでもこの地球を守っていこうと、みんなの気持ちを一つにしました。

IMG_0051.jpg タケカワユキヒデさんも一緒に

 ♪ こころに勇気を持って がんばれいつか 最高の未来を形作れるはず ♪

 こどもエコクラブの活動は、この歌詞のようなものです。環境学習とは、即効性はあまり期待できません。「いつか」という先になってしまいます。途中、結果がでるか、不安になります。だけど、「こころに勇気を持って」。エコクラブで活動したみんななら、ちゃんと「最高の未来を形作れるはず」です。

 そんなこどもたちを応援する「こどもエコクラブ」を、これからもどうぞよろしくお願いします。 

 もちろん、大人も頑張りましょう。

【by こどもエコクラブ担当 吉田晴子】
posted by 三重県環境学習情報センター at 20:21| Comment(0) | 日記