2021年02月10日

スキルアップ講座「行動する人になる!SDGs講座」 第3回 水環境×SDGs〜伊勢湾から未来を創造する〜を行いました!

***********************************************************
【日 時】令和2年12月26日(土)14:00〜16:30
【場 所】みえ県民交流センター 交流スペースA
【参加者】17名
***********************************************************
新型コロナウイルス感染症拡大のため、山陽学園中学校・高等学校地歴部にはオンラインで出演いただきました。

ブログ1.jpg

●「私たちの瀬戸内海ブルーオーシャンプロジェクト~海洋ゴミ問題を「自分事化する」~
山陽学園中学校・高等学校 地歴部
山陽学園中学校・高等学校は、第2回ジャパンSDGsアワード「SDGsパートナーシップ賞」を受賞した岡山県にある学校です。地歴部の2名の生徒から、瀬戸内海の海洋ゴミ問題と取組について紹介いただきました。閉鎖性海域である瀬戸内海での活動、島しょ部での漂着ゴミ問題の取組、流域での漂着ゴミ調査や海底ごみの回収活動など、多岐に渡る現場での活動を展開しています。すべての取組のなかで大切にしていることは、調査・分析、改善・解決策の実施、社会への発信というプロセス、そして活動を可視化していることです。またSDGsをしっかり踏まえ、SDGsと連関した取組も実施し、国連事務総長特使との意見交換もしています。商業施設での展示会等も行い、暮らしの場から海洋ゴミを「自分事」にするための調査活動も積極的に進めています。現場をしっかり見つめ、社会に発信している次世代の思いや行動力に触れました。

ブログ2.jpg

●「松名瀬干潟を知り、考え、伝えていく」
三重中学校・高等学校 科学技術部
 三重中学校・高等学校の科学技術部の2名の生徒から活動紹介いただきました。伊勢湾にある松名瀬干潟の生物相の豊かさ、アマモ場の過去から現在への減少、巻貝のウミニナを調査した結果など、現場感あふれる発表内容でした。活動の特徴として、@調査→研究→実験→仮説・考察という学びのプロセスがつくられていること、Aその成果を発表する、学習プログラムにするという社会化までに組み立てられていること、があげられます。ビーチコーミングや、森と海のつながり、流域を対象にした調査や環境教育実践、「松阪もめんと海のつながり」を伝えるために制作した貝のキーホルダーなど、科学的でもあり、日常的でもあり、次世代の活動のセンスに感心するばかりでした。

ブログ3.jpg ブログ4.jpg

 コメンテーターの千葉先生からは、“山陽学園中学校・高等学校の活動のスケールが大きく驚いた。漁業者との関係性をどうやって築いたのか”といった質問がありました。また三重中学校・高等学校には、“ウミニナ類の個体調査活動、ウミニナ類の移動から干潟の環境要因の影響を研究するなんてすごい”といったコメントがありました。

 また、「三重中学校・高等学校から山陽学園中学校・高等学校へ」「山陽中学校・高等学校から三重中学校・高等学校へ」の質問タイムを設けました。それぞれの取組をより深く知りたいという、生徒たちの熱意が伝わってきました。  
 三重中学校・高等学校からは「どのように啓発活動を進めているのか」、山陽学園中学校・高等学校からは「環境教育の講座を受けた人にはどんな変化があったのか」といった質問があり、それぞれの活動のヒントになるような次世代間のやり取りが盛り上がりました(お互いの質問のやりとりの時間が長く続き、今後つながって続きをしてくださいと、とアナウンスをいれたほどです)。
 フロアからは、「学校では他のクラブの方とも共有しているのか」「続けたいと思うのはなぜ?」などの質問がありました。生徒たちは「持続可能な社会を実現するために」「環境をよくしたい」「海をきれいにしたい」「活動が好き」「活動を続けるうちにどんどん好きになり、もっと知りたくなった」とコメント。あっぱれ!でした。
 この講座を機会に、瀬戸内海、伊勢湾が抱えている共通課題に取り組む次世代がつながって、さらなるムーブメントになっていくことに期待するとともに、私たち大人、参加者は「できることをする!なにかをする!」。そんな気持ちを強くもちました。

【報告:新海】

posted by 三重県環境学習情報センター at 14:53| Comment(0) | 活動報告

2021年02月07日

ヒガラがいました

 先日、三重県環境学習情報センターの近くでヒガラを見つけました。ヒガラはシジュウカラに似ていますが、胸にネクタイのような模様がありません。
 やや標高の高い場所で繁殖し、冬には丘陵地などの低い所の林までやってくるので、センター付近でも、冬の時期は時々見かけます。この日はスギの種を取り出して食べていました。
 ※写真をクリックすると大きくなります。

 DSCN6540 - ヒガラ後ろ.JPG   DSCN6539 - 種を取り出す.JPG   DSCN6537 - 種をくわえる.JPG
    ヒガラ      スギの種を取り出そうと   スギの種をくわえている
  お尻を向けて失礼!    している

【木村】

posted by 三重県環境学習情報センター at 17:38| Comment(0) | 日記

四日市市桜地区で野鳥観察会が開催されました

 四日市市桜地区の社会福祉協議会が、野鳥観察会を開催しました。毎年この時期に開催していて、今年で14年目です。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
  【主催】四日市市 桜地区社会福祉協議会文化部
  【日時】2021(R.3)年1月31日(日) 9:30〜12:00
  【場所】桜地区市民センター付近の矢合川(やごうがわ)沿い(四日市市)
  【講師】川瀬裕之氏(日本野鳥の会三重)
      木村京子(三重県環境学習情報センター)
  【参加人数】38人
  【担当】木村
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 早朝には雨が降っていましたが開催時間にはあがり、午前中はほとんど風がなくて穏やかでした。

   IMG_5956 - 始まり.JPG
  市民センター前で、会長さんのあいさつ等

 市民センター前で双眼鏡の使い方の説明をしたあと出発しました。すぐそばの矢合川沿いに歩き、田んぼや川で、ムクドリ、ツグミ、モズ、ホオジロ、アオサギ、ノスリ、セグロセキレイ、ジョウビタキなどを観察しました。

   IMG_5959 - 橋の上.JPG   IMG_5962 - 田んぼ.JPG
         タカの仲間のノスリを観察

   IMG_5965 - 望遠鏡.JPG
    ハシボソガラスを観察

 新型コロナウイルス感染症の感染防止のため、今年は観察から戻ってきてからも市民センターの会議室には入らず、屋外で観られた鳥の確認を行いました。今回観られたのは、全部で26種類でした。

【報告:木村】

posted by 三重県環境学習情報センター at 10:25| Comment(0) | 活動報告

2021年02月06日

清和公民館に「リサイクルつりゲーム」の出前講座に行ってきました。

****************************
日時:2021年2月5日(金)15:00〜16:00
場所:清和公民館 参加人数:28人
担当:環境学習推進員 太田、坂崎、川口
***************************
清和公民館で活動している放課後子ども教室「清和のもり」のみなさんに、「リサイクルつりゲーム」をしてもらいました。
「清和のもり」に在籍の、1・2年生30人に体験してもらうため、コロナウイルス感染症拡大防止の対策をとって、半分に人数を少なくして、、前回1月29日㈮と今回の、2回に分けて行いました。

ブログ1.jpg

ペットボトルやアルミ缶、スチール缶などのごみを釣りざおで釣りあげ、マーク別に分かれます。

ブログ2.jpg ブログ3.jpg 

リサイクルマーク別に、ごみ箱に仕分けてもらい、なぜゴミを仕分けるのか?リサイクルしたものは、どんなふうに生まれ変わるのかを学んでもらいました。

おうちでもリサイクルマークを探してみてくださいね。

【報告:川口】

posted by 三重県環境学習情報センター at 12:03| Comment(0) | 活動報告

2021年02月05日

マンサクの花、ハンノキの雄花など

 2月の初めに菰野町の三重県民の森に行くと、もうマンサクの花が咲きだしていました。マンサクは3月頃に花が咲きますが、最近冬が暖かいせいか、去年も2月に咲いていました。
 ※写真をクリックすると大きくなります。

   DSCN6479 - マンサク 縮.JPG

 ハンノキの雄花も冬の内から咲きます。里山の田んぼの縁やため池の付近などで観ることができます。

   DSCN6510 - ハンノキ 縮.JPG
  垂れ下がって咲くハンノキの雄花  
 (津市リサイクルセンター 自然観察の森の池の縁で)

 津市リサイクルセンターの自然観察の森では、メジロがアカメガシワの種を食べていました。また、池の縁の草地には、カシラダカの群れもいました。草の種を探しているのでしょう。

 DSCN6486 - メジロ2羽 縮.JPG    DSCN6494 - カシラダカ 縮.JPG
アカメガシワの種を食べるメジロ   カシラダカ 警戒して草地から木の枝に

【木村】

posted by 三重県環境学習情報センター at 14:03| Comment(0) | 日記

2021年02月01日

イオンモール四日市北店にてポスターコンクール入賞作品を展示中です♪

イオンモール四日市北店にて「令和元年度 三重県地球温暖化防止啓発ポスターコンクール」入賞作品16点を展示中です!

ブログ (1).jpg ブログ (2).jpg

 このコンクールは、身近な視点から地球温暖化防止に向けてメッセージを発信し、より多くの方に関心を高めてもらうことを目的に、小・中学生のみなさんを対象に実施しました。県内からは小学校・中学校あわせて81校、1,663人から応募があり、展示では、その中から選ばれた入賞作品16点を展示しています。
 みなさんの力作をぜひ、ご覧ください♪

<場所>イオンモール四日市北店
<展示期間>2021年2月12日(金)17:00まで

★他の会場での入賞作品展示予定
・三重県立熊野古道センター 交流棟(尾鷲市向井12-4) 
 期間:3月2日(火)〜3月12日(金)午前まで 
posted by 三重県環境学習情報センター at 12:18| Comment(0) | 活動報告

清和公民館に「リサイクルつりゲーム」の出前講座に行ってきました。

****************************
日時:2021年1月29日(金)15:00〜16:00
場所:清和公民館 参加人数:25人
担当:環境学習推進員 太田、坂崎、川口
***************************
清和公民館で活動している放課後子ども教室「清和のもり」のみなさんに、「リサイクルつりゲーム」をしてもらいました。

1ブログ.jpg

ペットボトルやアルミ缶、スチール缶などのごみを釣りざおで釣りあげ、マーク別に分かれます。

ブログ2.jpg

リサイクルマーク別に、ごみ箱に仕分けてもらい、なぜゴミを仕分けるのか?リサイクルしたものは、どんなふうに生まれ変わるのかを学んでもらいました。

3ブログ.jpg
 
おうちでもリサイクルマークを探してみて欲しいと思います。

【報告:川口】
posted by 三重県環境学習情報センター at 10:58| Comment(0) | 活動報告

2021年01月31日

【展示中】2・3月の企画展示は、白塚の浜を愛する会による「マイクロプラスチック絵画展」です!

企画展示では、自然素材を利用した作品や、環境活動などを紹介する展示を2か月ごとに企画します。
- * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * -
展示期間:2月1日(月)〜3月末
展示場所:三重県環境学習情報センター(四日市市桜町3684−11)
開館時間:9:00〜17:30 ※年中無休
入館料:無料・事前申込不要
- * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * -
白塚の浜を愛する会では、津市白塚海岸の豊かな自然環境の保護活動を行っており、その活動のひとつに、マイクロプラスチック拾いがあります。砂浜に打ち上げられたマイクロプラスチックごみ。海を漂流しているマイクロプラスチック。貴重な生態系が残されている白塚の浜になぜ?展示を通して、マイクロプラスチックの問題を伝えます。

ブログ2.jpg

展示では、拾ったマイクロプラスチックで作成した様々なアート作品が飾ってあります。

ブログ4.jpg ブログ5.jpg ブログ3.jpg

貝殻にマイクロプラスチックを飾ったペンダントもあります!!ご自由にお持ち帰りください。

ブログ1.jpg

ご家族、お友達をお誘い合わせの上、ぜひお越しください♪

 
posted by 三重県環境学習情報センター at 15:35| Comment(0) | お知らせ

2021年01月30日

寒くなってツララや雪が

 少し前、春かと思わせるような暖かい日がありましたが、1月の終わりになってまた寒くなりましたね。
 1月29日のお昼ごろ、三重県環境学習情報センターの玄関横にある樋(とい)の口のところに、ツララがありました。
 ※写真はクリックすると大きくなります。

   DSCN6411 - 縮.JPG


 そして、今日1月30日の午前中は雪が降っていました。野鳥観察会の下見に行った四日市市の北勢中央公園は、積雪で芝生広場などが一面真っ白です。

   IMG_5954 - 池の横 縮.JPG   IMG_5955 - 池 縮.JPG
        水墨画のような北勢中央公園の雪景色

   6413ヒドリガモ 縮.JPG
     池にいたヒドリガモ
     左がメス 右がオス


 午後になって雪がやみ、青空が出て鈴鹿山脈が見えるようになりました。

   DSCN6447御在所岳 - 縮.JPG   DSCN6451竜ヶ岳 -縮.JPG
       御在所岳           竜ヶ岳方面

【木村】


posted by 三重県環境学習情報センター at 15:30| Comment(0) | 日記

2021年01月26日

ESD実践講座2020PART2「ESD for 2030〜SDGsを達成する学び」                      第2回「社会見学編」を開催しました!

***********************************************************************************
日時:2021年1月23日(土)13:30〜16:30
場所:みえ県民交流センター イベント情報コーナー
アドバイザー:大鹿聖公氏(愛知教育大学理科教育講座 教授)
       寺田卓二氏(一般社団法人ネクストステップ研究会 代表)
ファシリテーター:新海洋子氏(一般社団法人SDGsコミュニティ 代表理事)
参加者:13名
***********************************************************************************

ESD実践講座はその名の通り、「ESDを実践するための」講座です。今年度はSDGsをテーマに、PART2では「ESD for 2030」と題してグループワーク形式で行いました。第2回目は「今あるものからSDGsを学ぶ〜社会見学編」です!

最初は、第1回「食べもの編」を振り返りました。@自分の言葉でSDGsとは何か、A第1回のワークをして気付いたこと、Bクリスマスやお正月の間に新たにやってみたことをそれぞれ書いていき、2人ずつのペアで共有していきました。

ブログ1.jpg ブログ3.jpg

続いて、三重県でおすすめのSDGsを学ぶ、社会見学(遠足・修学旅行)先について、予め考えておいていただいた内容を、各自発表していきました。そして、一緒にグループ作業をしたい人同士が集まり、SDGsとの関わりを考えながら、旅行計画を検討し、発表していきました。

ブログ2.jpg ブログ4.jpg

皆さん、いろいろなアイデアが出ましたが、内容が少し環境面ばかりになってしまったという指摘もあり、次回はさらに多様なSDGsにアプローチできるよう進めていければと考えています!

ブログ13.jpg ブログ14.jpg

ブログ12.jpg ブログ11.jpg

次回は、PART2第3回「今あるものをSDGsに近づける〜自分ごとにする」を2月20日(土)に行います。ぜひご参加ください!

【報告:大山】



posted by 三重県環境学習情報センター at 16:39| Comment(0) | 活動報告